トップページ > 公募新人賞一覧 > さきがけ文学賞

さきがけ文学賞

さきがけ文学賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

さきがけ文学賞(さきがけぶんがくしょう)は、日本の文学賞。

第29回2012年(応募総数:237)

入選

選奨(佳作)

第28回2011年(応募総数:244)

入選

選奨(佳作)

第27回2010年(応募総数:232)

入選

第26回2009年(応募総数:254)

入選

選奨(佳作)

第25回2008年(応募総数:268)

入選

選奨(佳作)

さきがけ文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.11.3 さきがけ文学賞、初の2編入選 北原岳さん、荒川眞人さん

    第37回さきがけ文学賞の最高賞となる入選は、東日本大震災を経験した少年の成長を描いた北原岳(がく)さん(45)=本名・柳井貴士(たかし)、名古屋市、大学講師=の「ヒカリ指す」と、泥棒と少女の交流をテーマにした荒川眞人(まひと)さん(65)=本名・荒川眞(まこと)、三重県四日市市=の「賽銭(さいせん)泥棒」に決まった。

  • 2019.11.4 第36回さきがけ文学賞

    第36回さきがけ文学賞の最高賞・入選は、南部馬の歴史を題材にした浜矢スバルさん(46)=本名・主濱泰晴(しゅはまやすはる)、青森県野辺地町、CADオペレーター=の「奥州馬、最後の栄光」に決まった。

  • 2016.11.4 第33回さきがけ文学賞

    第33回さきがけ文学賞の最高賞である入選は、さいたま市の医療法人監事中山夏樹さん(64)の「西北の地から」に決まった。

さきがけ文学賞関連つぶやき

sakakisaka_ちなみにさきがけ文学賞は間に合いませんでした...。枚数もオーバーするし推敲も間に合わんので強化して別の公募に出すですね
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)