トップページ > 公募新人賞一覧 > ポプラ社小説新人賞

ポプラ社小説新人賞

ポプラ社小説新人賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

ポプラ社小説新人賞(ポプラしゃしょうせつしんじんしょう)は、ポプラ社が主催する公募の新人文学賞。
ポプラ社小説大賞(2006年 - 2010年)およびピュアフル小説賞の後継の賞として2011年に創設された。ジャンルを問わず、未発表の長編エンターテインメント小説を募集する。400字詰め原稿用紙換算200枚~500枚、手書き原稿は不可。 選考は編集部が行う。受賞者には正賞の記念品と副賞200万円が贈られ、入賞作品はポプラ社より刊行される。

第2回2012年(応募総数:690)

参考情報:選考結果 / 講評 / 選考経過

ポプラ社小説新人賞

特別賞

第1回2011年(応募総数:780)

参考情報:選考結果 / 講評 / 選考経過

ポプラ社小説新人賞

ポプラ社小説新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.7.19 【今週はこれを読め! エンタメ編】世界が変わることを望んだ少年少女たちの物語〜虻川枕『パドルの子』

    「パドル」とは何だろう。私がかろうじて知っていたのは、カヌーを漕ぐときの道具だったが、表紙を見る限り、この少年少女たちはカヌーイストに見えない(カヌー小説だったら、さすがにイラストでもアピールするだろう)。そう思いながらページを開けてみると、paddleという英単語の意味が掲載されていた。第1の意味は「水たまり」。

  • 2013.2.13 小説の自由さ感じて 秋山さん作家デビュー

    大阪大大学院工学研究科に在籍する秋山浩司さんが、第1回ポプラ社小説新人賞奨励賞を受賞し「さがしものが見つかりません!」で作家デビューした。「小説の自由さを感じて」と訴える。

  • 2012.4.15 公募ガイド 賞と顔 第1回ポプラ社小説新人賞

    興津聡史さん 学ばなければならないことが本当にたくさんあった 私が小説を書くようになってから五年ほどになります。二〇代の頃はシナリオライターになりたくて、いくつかの作品を書いて応募をしたのですが箸にも棒にも引っかからず、二八歳で筆を折ってしまいました。

ポプラ社小説新人賞関連つぶやき

yomyom_book【平山 夢明】(1961年11月17日)。日本の作家。ホラー小説、実話怪談のほか、監修、映画評論(デルモンテ平山名義)、映画監督、ラジオパーソナリティーなど、幅広く活動している。ポプラ社刊『ダイナー』で第31回吉川英治文学新人賞最… https://t.co/dmFaYAA9Cr
kimigasyousetuk寒いからお家で新人賞受賞作を読もっと☄️【第7回ポプラ社小説新人賞】新人賞跡を消す:特殊清掃専門会社デッドモーニング 著:前川ほまれ 特別賞「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。 著:隙名こと #小説新人賞 #小説
LRB1wKubVAKK2Nu第8回ポプラ社小説新人賞 最終選考結果発表 https://t.co/UxKTHA3nmE #ポプラ社来年は、水の失われた神々で参加予定です☆今年は白いスープと雲の街の完結が間に合わなかったので、気合い入れていきます。
katsukiyuhka勝木友香 公式ブログを更新しました。 『ポプラ社小説新人賞 結果』 https://t.co/PIxElHCQug
GARGERY_BEERガージェリーは文章を書くことを生業としていらっしゃる方々にショートストーリーやエッセイを書いていただいています。2014年『ビオレタ』でポプラ社小説新人賞を受賞。直近では『正しい愛と理想の息子』を上梓された寺地はるなさんによる最新… https://t.co/rnT9i79s6v
bookpooh3ポプラ社はエンターテインメント小説を公募する新人文学賞「第8回 #ポプラ社小説新人賞 」の結果を発表。764作の応募作品の一次選考、二次選考、三次選考を通過した最終候補4作について最終選考会が開催された結果、今回は残念ながら「該当… https://t.co/Ra34A8thde
matsunosuke_35第8回ポプラ社小説新人賞受賞作 該当作品なしhttps://t.co/105lMa1f4K
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)