トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 赤染晶子

赤染晶子

赤染晶子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

赤染 晶子(あかぞめ あきこ、1974年10月31日。
京都外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒業、北海道大学大学院文学研究科ドイツ文学専攻博士課程中退。大学院ではベルトルト・ブレヒトを研究した。2004年、「初子さん」で第99回文學界新人賞受賞。ペンネームは赤染衛門に由来する。2010年、「乙女の密告」で第143回芥川賞受賞。
2017年9月18日午前2時26分、急性肺炎のため京都府宇治市の病院で死去した。1974|10|31|2017|9|18。

受賞歴

赤染晶子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

赤染晶子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy赤染晶子『乙女の密告』外国語大学に通う”乙女”(!)の日々が活写された作品です。 あるべき乙女という暗黙の規律に従う女子大生たち。純文学としては笑いのツボが多く、特に西洋人形を偏愛するバッハマン教授の奇矯っぷりが良い味を出しています。https://t.co/uy7hBESkX2
wa_waa_waaa直木賞- 道尾秀介(月と蟹)、中島京子(小さいおうち)芥川賞- 朝吹真理子(きことわ)、赤染晶子(乙女の密告) https://t.co/DZvEswUgg9
akutagawa_syou大学で流れた教授と女学生にまつわる黒い噂。乙女達が騒然とするなか、みか子は課題アンネの日記のドイツ語のテキストの暗記に懸命になる。やがてアンネの心の叫びや、やがて噂の真相も明らかとなり…。悲劇の少女アンネ・フランクと現代女性の奇跡の邂逅を描く―。芥川賞受賞作『乙女の密告』赤染晶子
1linefrom1book「忘れることを恐れてはいけません」『乙女の密告』 赤染晶子
qmabungaku【グループ分け】次の作家を2010年度に受賞した賞ごとにグループ分けしなさい[A.直木賞|B.芥川賞]〈木内昇〉〈赤染晶子〉〈西村賢太〉〈朝吹真理子〉→A・B・B・B
sun8now【乙女の密告】 赤染 晶子  京都の大学で、『アンネの日記』を教材にドイツ語を学ぶ乙女たち。スピーチコンテストに向け、「一九四四年四月九日、日曜日の夜」の暗記に励んでいる。 ⇒ https://t.co/3uGncErCXo
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
赤染晶子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)