トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 赤染晶子

赤染晶子

赤染晶子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

赤染 晶子(あかぞめ あきこ、1974年10月31日。
京都外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒業、北海道大学大学院文学研究科ドイツ文学専攻博士課程中退。大学院ではベルトルト・ブレヒトを研究した。2004年、「初子さん」で第99回文學界新人賞受賞。ペンネームは赤染衛門に由来する。2010年、「乙女の密告」で第143回芥川賞受賞。
2017年9月18日午前2時26分、急性肺炎のため京都府宇治市の病院で死去した。1974|10|31|2017|9|18。

受賞歴

赤染晶子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

赤染晶子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou大学で流れた教授と女学生にまつわる黒い噂。乙女達が騒然とするなか、みか子は課題アンネの日記のドイツ語のテキストの暗記に懸命になる。やがてアンネの心の叫びや、やがて噂の真相も明らかとなり…。悲劇の少女アンネ・フランクと現代女性の奇跡の邂逅を描く―。芥川賞受賞作『乙女の密告』赤染晶子
shincholive_bot『乙女の密告(新潮文庫)』(赤染晶子)『アンネの日記』を現代によみがえらせた。芥川賞受賞作。黒い噂の広がる外語大で、暗誦に挑む女学生がたどりついた悲劇の少女の「真実」とは――。 https://t.co/XNTdeKc8zv #ebook #電子書籍
roumanha7(與謝野晶子は)歌人としては王朝の数人の女性に比肩し、赤染や紫に遥かに抜ん出る。しかも明治新文芸の勃興期に於て荷つた栄誉は、明治の随一人である。明治大正の西欧的清新体の文芸感覚は、この巾幗詩人の唇を通じて日本の国土に流れたのである。雑記帖(五)/保田與重郎
hit4boy赤染晶子『乙女の密告』外国語大学に通う”乙女”(!)の日々が活写された作品です。 あるべき乙女という暗黙の規律に従う女子大生たち。純文学としては笑いのツボが多く、特に西洋人形を偏愛するバッハマン教授の奇矯っぷりが良い味を出しています。https://t.co/uy7hBESkX2
junkart友人に「10年代の芥川賞受賞作だと赤染晶子の乙女の密告が好き」という話をして、そういや最近は作品を全然見かけないなと思って調べてみたら一昨年に亡くなってたみたい。
air_rines乙女の密告:赤染晶子著 #読了。外国語大学に通う乙女たちのお話だけでなく、作中で教材として使われた、アンネの日記を少し読ませてもらった感じです。アンネの日記は日本語の文庫で、大昔に読んで以来、何度か再読したはずです。まだ持って… https://t.co/Uc1IipuP5b
bikasebu(グル)作家を2010年度に受賞した賞ごと 直木賞→中島京子、木内昇(きうちのぼり)、道尾秀介 芥川賞→西村賢太、朝吹真理子、赤染晶子/(グル)作家を2011年度に受賞した賞ごと 直木賞→池井戸潤、葉室麟 芥川賞→田中慎弥、円城塔
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
赤染晶子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)