トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 葉室麟

葉室麟

葉室麟さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

葉室 麟(はむろ りん、1951年(昭和26年)1月25日 - 2017年(平成29年)12月23日)は、日本の小説家。福岡県北九州市小倉生まれ。本名・本畑雄士。
福岡県立明善高等学校卒業。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て、2005年に江戸時代元禄期の絵師尾形光琳と陶工尾形乾山の兄弟を描いた『乾山晩愁』で第29回歴史文学賞を受賞。
50歳から創作活動に入り、4年後に文壇デビューを果たした。2007年、『銀漢の賦』で第14回松本清張賞を受賞。2012年、『蜩ノ記』で第146回直木三十五賞を受賞。久留米市を拠点に、敗者や弱者の視点を大切にした歴史時代小説を生み出した。
2017年12月23日午前2時、病気により福岡県福岡市の病院で死去。病名は明かされていない。1951|1|25|2017|12|23。
2018年8月17日、都内でお別れの会が開かれ、小郡市の直木賞作家東山彰良は、「葉室さんは作品に自身の美学や哲学を込めていた。それはどんなにぶざまでも、どんなに理解されなくても、正しいことは美しいのだという美学。その美しさがきっと、誰かを救うという信念の下に小説を書いていた」と語り、八女市黒木町出身の直木賞作家安部龍太郎は、「優しく、思いやりが深い。自分よりも人のことを先に考える。人の痛みが分かる苦労人でもあった」と語り、故人を偲んだ。

受賞歴

葉室麟関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

葉室麟関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

porigo10銀漢の賦/葉室麟名家老・将監は幼馴染の源五に「逆臣になるかもしれぬ」と漏らす。その後源五将監を斬れという命令が下る。源五は将監の館に行き――。百姓の十蔵も含め、シルバーな漢たちの友情と活躍が光る。要素を上手く繋げつつ王道で文量も… https://t.co/zZDVQ1OFL3
m_sanetomo『実朝の首/葉室麟』公暁が持ち去った私の首級の行方を巡る娯楽歴史小説。謎の多い事件について、伝承と作者の想像力で上手く補った作品。私はあまり出てこないけども、むしろ和田一族ファンにお薦め。女性陣もそれぞれ魅力的に描かれている。https://t.co/plRd7V6DbS
eorimasatakaうがー2015年1月~2月にNHKさんで葉室麟さんの「銀漢の賦」を時代劇ドラマでしていたーー8年前その時期テレビがなかったーちょーどその前の年の12月25日に引っ越し先をみつけて住み始めたばかりで情報もなければテレビもなかったー(TдT)NHKさーん再放送望みまーす!
manon20200701【影ぞ恋しき/葉室 麟】「花や散るらん」から四年が過ぎ、蔵人と咲弥、香也が暮らす鞍馬山に、冬木清四郎が登場。物語は吉良左兵衛に会うために諏訪へ向かうもすんなりとは行きません。物騒だし穏やかではな… → https://t.co/c5nyYvuyjv #bookmeter
dayindayout0915ナイス 【蜩ノ記 (祥伝社文庫)/葉室 麟】第146回直木賞受賞作。武士とは何かを問いかけてくるようでした。切腹を命じられた秋谷の監視役の視点で描かれているからでしょうね。武士の生き方にはやはり… → https://t.co/z4GOtHojqe #bookmeter
kobo_iinoda[#楽天Kobo 今週の新刊まとめ] 小説・エッセイ編なのだ。⇒https://t.co/lF8xOeqhEU
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    葉室麟さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)