トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 葉室麟

葉室麟

葉室麟さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

葉室 麟(はむろ りん、1951年1月25日 - 2017年12月23日)は、日本の小説家。福岡県北九州市小倉生まれ。
福岡県立明善高等学校卒業。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て、2005年に江戸時代元禄期の絵師尾形光琳と陶工尾形乾山の兄弟を描いた「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞を受賞。
50歳から創作活動に入り、4年後に文壇デビューを果たした。2007年、「銀漢の賦」で第14回松本清張賞を受賞する。2012年、「蜩ノ記」で第146回直木三十五賞を受賞する。久留米市を拠点に、敗者や弱者の視点を大切にした歴史時代小説を生み出した。
2017年12月23日午前2時、病気により福岡県福岡市の病院で死去。病名は明かされていない。1951|1|25|2017|12|23。
2018年8月17日、都内でお別れの会が開かれ、小郡市の直木賞作家東山彰良は、「葉室さんは作品に自身の美学や哲学を込めていた。それはどんなにぶざまでも、どんなに理解されなくても、正しいことは美しいのだという美学。その美しさがきっと、誰かを救うという信念の下に小説を書いていた」と語り、八女市黒木町出身の直木賞作家安部龍太郎は、「優しく、思いやりが深い。自分よりも人のことを先に考える。人の痛みが分かる苦労人でもあった」と語り、故人を偲んだ。

葉室麟新刊

  • 発売日
    2019年12月13日
  • 書名
    津軽双花 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年11月9日
  • 書名
    墨龍賦 (PHP文芸文庫)
  • 発売日
    2019年11月8日
  • 書名
    墨龍賦 (PHP文芸文庫)

受賞歴

葉室麟関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

葉室麟関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honzuki_jp葉室麟さんは何故最後に楠木正成を描いたのか                    『星と龍/葉室麟/朝日新聞出版』 https://t.co/hBXc5BflTM #本が好き
wadaibon【歴史・時代小説】銀漢の賦 《葉室 麟》 文藝春秋 2010-02-10 P:https://t.co/WnKrZF0ra4 携:https://t.co/TEOK6rXddf
takakon_10月から仕事の行き帰りの電車、平日夜の一息ついたあとの時間で、少しずつ読み進めていた、葉室麟さんの『蜩ノ記』を一昨日読み終えた。まるで朝ドラくらいの15分の大河ドラマをほぼ毎日みて、やっとクライマックスを迎えて終わってしまった感覚で、余韻が抜けない。
kuragezoa葉室麟『秋月記』再読。家老の専横にお家の行く末を憂う若き志士が立つ。本藩との確執、友との訣別、忠義とは、武士の道とは、人の生きざまとは。「されば、それがしにとっては誇りでござる」。秋月という小藩の史実を、「専横極めた」間小四郎の一代記として描いた時代小説。読後感清々しい傑作かと。
rekishi_mon2015実朝は御家人から、――当代は歌鞠をもって業となす、武芸廃るるに似たりと悪口を言われた。『実朝の首』葉室麟 著#歴史#鎌倉時代 https://t.co/U9bcSBkAWV
baisetusai葉室麟先生の「墨龍賦」を買ってきたのだが、何故今頃刊行されたんだろうと思ってたけど、これめっちゃ明智光秀出てくるわ
TDYK_CURO「橘花抄」葉室麟(新潮社)……俺の息子、黒田光之の晩年のお家騒動を舞台とした小説。史料を踏まえつつ、創作を交えつつ、うまくオチの付いている小説だ。……とりあえず、吉兵衛ごめんな、本当にごめんな。父ちゃんが悪かった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
葉室麟さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)