トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦しをん

三浦しをん

三浦しをんさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三浦 しをん(みうら しをん、本名同じ、1976年(昭和51年)9月23日 - )は、日本の小説家・随筆家である。女性。
東京都出身。父は上代文学・伝承文学研究者で千葉大学名誉教授の三浦佑之。
横浜雙葉中学校・高等学校を卒業し、1995年(平成7年)4月に早稲田大学第一文学部に入学。翌年、同学部文学科演劇専修に進む。当初、三浦は編集者として出版社に就職することを志望しており、大学4年となった1998年(平成10年)には、出版各社に対して就職活動を行っていた。その後は、町田駅前の大型古書店「高原書店」にアルバイトとして2001年(平成13年)まで勤務していた。
ボイルドエッグズを立ち上げた村上から小説を書くよう強く叱咤激励され、「『自分の就職活動』なら書けるのでは」と提案されたこともあって、1999年(平成11年)秋から執筆に着手する。2000年(平成12年)4月に、自らの就職活動の経験をもとに3ヶ月かけて書きあげた処女小説『格闘する者に○』(草思社)を出版した。だが、「これは違う、書きたいものではない」と思い、その後もなかなか作家としての実感は持てなかった。2年後の2002年(平成14年)、4作目の『秘密の花園』で近づいた手応えをつかむ。その後、2005年(平成17年)には『私が語りはじめた彼は』で山本周五郎賞候補、同年7月には『むかしのはなし』で直木賞候補となった。この3作が最も試行錯誤した時期だった。
2006年(平成18年)8月に『まほろ駅前多田便利軒』で同年上半期の直木賞を受賞した。誕生日前の29歳での受賞であり、20代での直木賞受賞は、堤千代、平岩弓枝、山田詠美に続く4人目である。
2011年(平成23年)3月13日にボイルドエッグズとの契約が切れ、マネジメントも含めて自立する。
2012年(平成24年)、『舟を編む』が本屋大賞に選ばれる。2015年(平成27年)、『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞に選ばれた。
2004年(平成16年)から雑誌『Cobalt』にてCobalt短編小説賞の選考委員、2008年(平成20年)から太宰治賞の選考委員、2009年(平成21年)から手塚治虫文化賞の選考委員、2012年(平成24年)からR-18文学賞の選考委員を務めている。

三浦しをん新刊

  • 発売日
    2018年6月27日
  • 書名
    作家と楽しむ古典 好色一代男 曾根崎心中 菅原伝授手習鑑 仮名手本忠臣蔵 春色梅児誉美
  • 発売日
    2018年6月22日
  • 書名
    あの家に暮らす四人の女 (中公文庫)
  • 発売日
    2018年6月21日
  • 書名
    作家と楽しむ古典 好色一代男 曾根崎心中 菅原伝授手習鑑 仮名手本忠臣蔵 春色梅児誉美

受賞歴

三浦しをん関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.11 【今週はこれを読め! エンタメ編】惹かれあう女子二人の書簡小説〜三浦しをん『ののはな通信』

    生涯ただ一度しか経験できないような、その人のことを思うと何も手につかなくなるほどの恋。

  • 2018.6.21 【エンタメ小説月評】文通で深まる愛 広がる世界

    「世界」などというものからはほど遠い、女子高生同士の文通の文面。あるいは授業中にそっと回される、おしゃべり代わりのメモ。そんな、たわいのない文言から始まった物語が、いつの間にか、まさに「世界」を、人生の奥深さを描いている――。女子校で出会ったふたりの女性の二十余年を、その間にやりとりされた手紙だけでつづる三浦しをん『ののはな通信』(KADOKAWA)には、ただただ驚かされた。書簡形式で書き切った胆力にも、冒頭では予想だにしなかった場所へ読者を連れて行く筆力にも。

  • 2018.6.11 「号泣するだろうなぁ…」三浦しをん『風が強く吹いている』待望のアニメ化にファン大興奮

    箱根駅伝に挑む大学生たちの姿を描いた小説『風が強く吹いている』のテレビアニメ化が決定。映画「桐島、部活やめるってよ」で脚本を務めた喜安浩平がシリーズ構成・脚本を務めることも判明し、「ついにアニメ化か!」「今から楽しみ」「映画の脚本家を起用って、どんな効果が生まれるんだろう」と歓喜の声が続出している。

三浦しをん関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

02ewj61ajt91なんの期待もない人間が、 相手の期待に応えられるわけがない。 by 天国旅行、三浦しをん
ktykgucciそこ三浦しをんの神去なあなあ日常を少しマシにしたような場所ですよ
karuta0426『まほろ駅前多田便利軒』三浦しをん 文春文庫ひらくさん(@acidsheep29)からのご紹介。映画で先に見ていたので、原作の忠実さに感動した。もう瑛太と龍ちゃんでしか再生されない。傷を抱えて生きる人が…とか聞き慣れた言葉で語りたくないので、ルルとハイシ―がマリちゃんたちと⇒
furoki23暇ならこれ読んでみ!「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん/文春文庫
natsukids7友人が熱く語っていた三浦しをんさんのエッセイ本読み終えた… おもしろかった〜 違う本も読んでみよ。
kakidasibot「おまはん、六月から兎一郎と組みぃ」と健が銀大夫に言われたのは、春もまだ浅いころのことだった。「仏果を得ず」三浦しをん
0mooncosmos0@idcd2cfb35vtyf2 こちらこそ、です✩°。 ⸜(* ॑ ॑* )⸝三浦しをんさんの『ののはな通信』を昨夜読み終えました…!書簡体のお話で、素敵でした
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三浦しをんさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)