トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦しをん

三浦しをん

三浦しをんさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三浦 しをん(みうら しをん、女性、本名同じ、1976年(昭和51年)9月23日 - )は、日本の小説家、随筆家である。
東京都出身。父は上代文学・伝承文学研究者で千葉大学名誉教授の三浦佑之。
横浜雙葉中学校・高等学校を卒業し、1995年4月に早稲田大学第一文学部に入学。翌年、同学部文学科演劇専修
に進む。当初、三浦は編集者として出版社に就職することを志望しており、大学4年となった1998年には、出版各社に対して就職活動を行っていた。その後は、町田駅前の大型古書店「高原書店」にアルバイトとして2001年まで勤務していた。
ボイルドエッグズを立ち上げた村上から小説を書くよう叱咤激励され、「『自分の就職活動』なら書けるのでは」と提案されたこともあって、1999年秋から執筆に着手する。2000年4月に、自らの就職活動の経験をもとに3か月かけて書きあげた処女小説『格闘する者に○』(草思社)を出版した。だが、「これは違う、書きたいものではない」と思い、その後もなかなか作家としての実感は持てなかった。2年後の2002年、4作目の『秘密の花園』で近づいた手応えをつかむ。その後、2005年には『私が語りはじめた彼は』で山本周五郎賞候補、同年7月には『むかしのはなし』で直木賞候補となった。この3作が最も試行錯誤した時期だった。
2006年8月に『まほろ駅前多田便利軒』で同年上半期の直木賞を受賞した。誕生日前の29歳での受賞であり、20代での直木賞受賞は、堤千代、平岩弓枝、山田詠美に続く4人目である。
2011年3月13日にボイルドエッグズとの契約が切れ、マネジメントも含めて自立する。
2012年、『舟を編む』が本屋大賞に選ばれる。2015年、『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞に選ばれた。
2004年から雑誌『Cobalt』にてCobalt短編小説賞の選考委員、2008年から太宰治賞の選考委員、2009年から手塚治虫文化賞の選考委員、2012年からR-18文学賞の選考委員を務めている。2020年3月に直木賞選考委員に就任
2018年刊の『ののはな通信』で第25回島清恋愛文学賞及び第7回河合隼雄物語賞受賞。
2019年、植物学専攻の大学院生を描いた『愛なき世界』で、作家としては初めてとなる日本植物学会賞特別賞を受賞。

受賞歴

三浦しをん関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三浦しをん関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

boobookwords思えば人生なるものはこんなささやかな受け渡しのくり返しなのかもしれない。(『舟を編む』三浦しをんp317)
shioshiorikoしこたま泣いたのは、三浦しをんの風が強く吹いているは、めちゃくちゃ泣いた。けど、それ個人的に箱根が好きだからって欲目のせいであって、公平に読むとどうなんだろうな
kanakana2nyee@sladyAD0yTarxjX @mimifilippovna 今はもう、勝手に図書館のサイトで検索して予約して本を借りてくるので、なかなか入り込む余地がありませんが、先日は三浦しをん作品デビューしてましたね。(←娘の蔵書の中に紛れこませておいた)
continual_exam小説入門者には東野圭吾がいいと思ってたけど、三浦しをんも読みやすいねちな、勧める友達はいない
iris_de_sakuraわかる。RT私も本が好きだけど、小川洋子の「薬指の標本」、夢野久作の「少女地獄」、三浦しをんの「月魚」の3冊をこの10年間延々と読み続けてるわ。本が好きというより本を読むのが好き…ということかな?( ˘ω˘ )
livebookbot人間関係がうまくいくか不安で,辞書をちゃんと編纂できるのか不安で,だからこそ必死であがく。言葉ではなかなか伝わらない,通じあえないことに焦れて,だけど結局は,心を映した不器用な言葉を,勇気をもって差し出すほかない。相手が受け止めてくれるよう願って。『舟を編む』三浦しをん
EiNppgdRSzoDHwG三浦しをんさんの「シュミじゃないんだ」がもうすぐ届く
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三浦しをんさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)