トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦しをん

三浦しをん

三浦しをんさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三浦 しをん(みうら しをん、本名同じ、1976年(昭和51年)9月23日 - )は、日本の小説家・随筆家である。女性。
東京都出身。父は上代文学・伝承文学研究者で千葉大学名誉教授の三浦佑之。
横浜雙葉中学校・高等学校を卒業し、1995年(平成7年)4月に早稲田大学第一文学部に入学。翌年、同学部文学科演劇専修に進む。当初、三浦は編集者として出版社に就職することを志望しており、大学4年となった1998年(平成10年)には、出版各社に対して就職活動を行っていた。その後は、町田駅前の大型古書店「高原書店」にアルバイトとして2001年(平成13年)まで勤務していた。
ボイルドエッグズを立ち上げた村上から小説を書くよう強く叱咤激励され、「『自分の就職活動』なら書けるのでは」と提案されたこともあって、1999年(平成11年)秋から執筆に着手する。2000年(平成12年)4月に、自らの就職活動の経験をもとに3ヶ月かけて書きあげた処女小説『格闘する者に○』(草思社)を出版した。だが、「これは違う、書きたいものではない」と思い、その後もなかなか作家としての実感は持てなかった。2年後の2002年(平成14年)、4作目の『秘密の花園』で近づいた手応えをつかむ。その後、2005年(平成17年)には『私が語りはじめた彼は』で山本周五郎賞候補、同年7月には『むかしのはなし』で直木賞候補となった。この3作が最も試行錯誤した時期だった。
2006年(平成18年)8月に『まほろ駅前多田便利軒』で同年上半期の直木賞を受賞した。誕生日前の29歳での受賞であり、20代での直木賞受賞は、堤千代、平岩弓枝、山田詠美に続く4人目である。
2011年(平成23年)3月13日にボイルドエッグズとの契約が切れ、マネジメントも含めて自立する。
2012年(平成24年)、『舟を編む』が本屋大賞に選ばれる。2015年(平成27年)、『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞に選ばれた。
2004年(平成16年)から雑誌『Cobalt』にてCobalt短編小説賞の選考委員、2008年(平成20年)から太宰治賞の選考委員、2009年(平成21年)から手塚治虫文化賞の選考委員、2012年(平成24年)からR-18文学賞の選考委員を務めている。

三浦しをん新刊

  • 発売日
    2018年6月27日
  • 書名
    作家と楽しむ古典 好色一代男 曾根崎心中 菅原伝授手習鑑 仮名手本忠臣蔵 春色梅児誉美
  • 発売日
    2018年6月22日
  • 書名
    あの家に暮らす四人の女 (中公文庫)
  • 発売日
    2018年5月29日
  • 書名
    ビロウな話で恐縮です日記

受賞歴

三浦しをん関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三浦しをん関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

A_dracunculus長野まゆみと三浦しをんを2足してで割った作風のやつがよみたい
AwardAuthor玄武書房に勤める馬締光也は、『大渡海』を編む仲間として辞書部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭。言葉という絆を得て、彼らの人生が編み上げられていくー。しかし、問題山積みの辞書部。果たして『大渡海』は完成するのかー。本屋大賞受賞作『舟を編む』三浦しをん
KEHvG4TcI08IxRN@ez_c0 自分も三浦しをんの『舟を編む』を読んで言葉の難しさ、繊細さを知りました。
furoki23暇ならこれ読んでみ!「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん/文春文庫
bekobe15001三浦しをんさんの「森を歩く」ですか(ひとりごと)
bookrecord_bell10冊目『天上の飲み物』三浦しをん読了:2018.05.21満足度:5/5再読:したいもともと好きな三浦しをんさんの著作。こんな風に人を想いたいし想われたい。あと、久々に美味しいワインが飲みたくなりました笑
okuuu気になる! RT @Shirao_Haruka: 連作短編集「いまは、空しか見えない」2018年5月発売です。三浦しをん先生と辻村深月先生の感涙ものの推薦文の帯と、保井崇志さん@_tuck4の素敵な写真に彩られて、とても幸せな本となりました。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三浦しをんさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)