トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 白石一郎

白石一郎

白石一郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

白石 一郎(しらいし いちろう、1931年(昭和6年)11月9日 - 2004年(平成16年)9月20日)は日本の作家。
釜山の生まれで本籍は壱岐市。終戦までは釜山、戦後は佐世保市で育つ。長崎県立佐世保北高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。
大学在学中より、懸賞小説に応募を始めた。卒業後はタイヤ販売に従事するが、性に合わずに帰郷。父の経理事務所で働くかたわら、創作活動に励んだ。1955年、「臆病武者」が地方新聞の懸賞に一席入選。作家デビューを果たす。以後、一貫して歴史・時代小説を執筆。2002年に食道がんの宣告を受け、2004年9月20日肺炎により死去。
代表作は直木賞を受賞した『海狼伝』で、ほかにも「海」を舞台にした(または「海」を冠した)作品がいくつかあり、海洋時代小説の第一人者として知られる。このような「海」についてのこだわりは、壱岐出身という自身の生い立ちや「苦心して書き上げた書下ろし長篇小説に『海と虹の城』というタイトルをつけてベテランの編集者に手渡したところ、『海はやめましょう。タイトルに海という字がつく本は売れないんです』」と言われ、それ以来、「そんな馬鹿な!という口惜しまぎれの反発心が、根深く心のどこかに」あったことに起因している(カッコ内引用は『水軍の城』より)。
直木賞には、「孤島の騎士」(1970)、「火炎城」(1974)、「一炊の夢」「幻島記」(1975)、「サムライの海」(1980)、「島原大変」(1982)、「海賊たちの城」(1984)と相次いで候補作となったが、いずれも落選。『海狼伝』(1987)での受賞は、実に候補にあがること八回目、最初の候補作「孤島の騎士」から十七年を経てのことであった。余談だが、「孤島の騎士」は当時選考委員であった海音寺潮五郎に激賞されている。
双子の息子、白石一文・白石文郎とも作家として活動している。一文とは親子二代での直木賞作家となっている。

受賞歴

白石一郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

白石一郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rankingko最安値の「怒涛のごとく 3 /埼玉福祉会/白石一郎」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は3,300円です。https://t.co/9avnLt1WJ6
eapjzqeox生きのびる 横浜異人街事件帖 (文春文庫)https://t.co/ed5iax6xZEebook,白石一郎,生きのびる 横浜異人街事件帖 (文春文庫),文藝春秋... https://t.co/I4VuNGZ12q
hit4boy白石一郎 『海狼伝』村上水軍に身を投じた対馬育ちの青年が主役の海洋歴史冒険成長小説(?)。時代背景は信長v.s.石山本願寺の頃で、信長の天下統一を横目に見ながら物語は進みます。アクの強い登場人物たちに迫力の船いくさと読み応えたっぷり。https://t.co/BPbHoqpktp
raisen_bot2_qmaNo.331 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒星川清司―小伝抄、白石一郎―海狼伝、景山民夫―遠い海から来たCOO
HotDeal09782799島原大変 (文春文庫)https://t.co/HhkhNVIqPgebook,白石一郎,島原大変 (文春文庫),文藝春秋... https://t.co/W0WVU4QxXl
KuribayashiS白石一郎は「負け」を強いられる者たちの味方だ。その作品は、温かい洞察力に貫かれている。女性もちゃんと人間として生き生きと描かれる。昭和一ケタ生まれの男性作家とは思えないほど。とりわけ短篇が絶品。2004年に亡くなられ、本… https://t.co/hOEVdOfy3H
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
白石一郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)