トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 井上荒野

井上荒野

井上荒野さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

井上 荒野(いのうえ あれの、1961年2月4日 - )は、日本の小説家。本名同じ。東京都出身。
小説家井上光晴の長女に生まれる。調布市立第三中学校、玉川学園高等部を経て、成蹊大学文学部英米文学科卒。卒業後は小学館の近代文学全集編集部に3年間勤めていた。
1989年、「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞(学習研究社『季刊フェミナ』による)を受賞するが、その後体調不良などで小説を書けなくなる。絵本の翻訳などをしていたが、2001年に『もう切るわ』で再起。2004年、『潤一』で第11回島清恋愛文学賞、2008年、『切羽へ』で第139回直木賞受賞。2011年、『そこへ行くな』で第6回中央公論文芸賞受賞。2016年、『赤へ』で第29回柴田錬三郎賞受賞。2018年、『その話は今日はやめておきましょう』で第35回織田作之助賞受賞。

受賞歴

井上荒野関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

井上荒野関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

xiaxue17「ママナラナイ」井上荒野 読了。10編からなる短編集。日常でありながら非日常で、どれも不穏で、全くハズレがない。たまらない安定感。
ikegami990▼「青春と読書」5月号に井上荒野『百合中毒』(集英社)の書評を書きました。八ヶ岳の麓の町で園芸店を営む家族の物語だが、相変わらずみな彷徨っている。作者は丹念に彷徨う心と体の軌跡を追い、愚かしくも愛おしい人生の輪郭を鮮やかに読者に提示している。生き生きとした手練の秀作だ。
ArabiaKrokusこんなことを書いたのは井上荒野さんの本を読んで、高齢者の気持ちを痛感したから。
LIloDjwcGoZLi4R生きてるといろいろありますね。そういう時は好きな言葉読み返してます。起きた出来事は変えられない。だがそれをどんな物語にするかは私たち当事者が選ぶことができるのだと思う。        作家 井上荒野ポール・オールスター『オラクルナイト』書評からと、もうひとつは、
Novpoecoco「小説すばる」5月号に、井上荒野さん『百合中毒』(集英社)の書評を書きました。荒野さんの物語の不穏さは、登場人物たちが〝やらなかったこと〟を描くからではないか、と私は思っていて、そのことにも触れています。 https://t.co/pTHz6kw1as
TRIPLE_A_INC【松本若菜】◆衛星劇場『映画「結婚」』西谷真一監督作品4月17日(土)21:00~23:00直木賞作家の井上荒野さんによる「結婚詐欺」を題材にした長編小説「結婚」をディーン・フジオカさん主演により映画化。結婚をめぐって、… https://t.co/SglYMiLw27
anzu_sato井上荒野さんの新刊気になるし、寺地さんの新刊楽しみすぎだし、青い芝の会の本も買いたい(積読)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    井上荒野さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)