トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年に早稲田大学短歌会会長に就任。

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2018年10月25日
  • 書名
    フランス文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)
  • 発売日
    2018年8月1日
  • 書名
    アンデル 2018年8月号
  • 発売日
    2018年7月28日
  • 書名
    その姿の消し方 (新潮文庫)

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou「なんとなく」という感覚に支えられた違和と理解。そんな人とのつながりはあるのだろうか。フランス滞在中、旧友ヤンを田舎に訪ねた私が出会ったのは、友につらなるユダヤ人の歴史と経験、そして家主の女性と目の見えない幼い息子だった。芥川賞受賞作『熊の敷石』堀江敏幸
f_2625「坂を見あげて」堀江敏幸「そして春が来る前に、身体の中で金色の花を静かに咲かせるだろう。」静謐で美しい言葉が紡ぐ散文集。詩的な語り、繊細な視座、深い知性が響き合い、文学や自然、日常が清逸に表現される。まるで酔ったように恍惚として… https://t.co/1oiES52ois
yoshinokuzu堀江敏幸氏による、『停電の夜に』評。「多民族国家の、足もとの危うさを摘出するだけならさしたる新味はない。ラヒリの世界が読者に信頼感を抱かせる理由のひとつは、親たちの祖国にも、また米国にも心の底では馴染めず、自分の「家」は「ここ」に… https://t.co/UNAD0LiWJU
nostos_books【カバンのなかの月夜:北園克衛の造型詩】北園克衛の作品集。日本のモダニズム運動を牽引した作家の色褪せないグラフィックワーク、造型詩を編纂して収録。序文は小説家・フランス文学者の堀江敏幸によるもの。… https://t.co/RF1YQ1avzT
shiitaketea@rin11211 私も、好きだとか言ってしまいましたが、内容忘れてしまいました。堀江敏幸さんも『河岸忘日抄』しか読んだことなくて、どちらも再読しようと、今本棚から引っ張り出してきたところです(о´∀`о)
coragem610新潮社.....久々にクレストブックスの短篇ベストセレクション(堀江敏幸さん選の『記憶に残っていること』)を買おうと思ってたのに。抗議で不買が高まれば、手塩にかけた書籍が読まれる機会を潰すんだよ。出版社なら自殺行為じゃん。少なくとも文芸さんは支えたいけど......
mottocomo堀江敏幸『アイロンと朝の詩人』にある短編「コブタの凡庸」はくまのプーさんについてのエッセイなのだけど、ピグレットの素晴らしさについて書かれていて、クスッとした。ピグレットの人間?観察能力、真似したい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)