トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学文学学術院教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年より早稲田大学短歌会会長を務める。
堀江ゼミの出身者には朝井リョウなどがいる。2007年に自身の作品「送り火」(『雪沼とその周辺』所収)がセンター試験国語の問題に出題された際に、試験監督としてその様子を見守っていたというエピソードがある。

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Namimagazine内藤礼著『空を見てよかった』の評者は堀江敏幸さん!/そのぼうようとしたひろがりのなかで(波2020年4月号)https://t.co/8OJn6Mw6yp
akutagawa_syou「なんとなく」という感覚に支えられた違和と理解。そんな人とのつながりはあるのだろうか。フランス滞在中、旧友ヤンを田舎に訪ねた私が出会ったのは、友につらなるユダヤ人の歴史と経験、そして家主の女性と目の見えない幼い息子だった。芥川賞受賞作『熊の敷石』堀江敏幸
kobonemi“住人を支えているのは、強者の論理のもとで弱者を切り捨てるような優生思想に近い考え方を少しも疑わずに育てられ、独裁国家のシステムに組み込まれた偽りの自助である。” / “今週の本棚:堀江敏幸・評 『エレホン』=サミュエル・バトラー… https://t.co/yjGUwKfJKW
tumtumtumblin【雪沼とその周辺 (新潮文庫)/堀江 敏幸】を積読本に追加 → https://t.co/6cLUp0QbMF #bookmeter
consaba書評:堀江敏幸「当初は匿名で、作者がサミュエル・バトラーという若い書き手だと明かされたのは翌年のことだ。エレホンとは、どこでもない場所、すなわちユートピアに転じるnowhereのアナグラムである。」… https://t.co/tDuWaCfaJu
esume_s週末だ、やっとゆっくり本が読める☺️勝手に決めている堀江敏幸再読月間 河岸忘日抄
YukTeru【備忘メモ的ツイート】有料記事なので最後まで読めず残念。明日掲載予定の「ぐうたらママ」最終回ともども、図書館の新聞コーナーで読む予定 ⟩ 今週の本棚:堀江敏幸・評 『エレホン』=サミュエル・バトラー著、武藤浩史・訳 - 毎日新聞 https://t.co/Rb1SdfU9Ri
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)