トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸

堀江敏幸

堀江敏幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

堀江 敏幸(ほりえ としゆき、1964年1月3日 - )は、日本の小説家、フランス文学者、早稲田大学教授。
岐阜県多治見市生まれ。岐阜県立多治見北高等学校を経て、早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。 2001年、『熊の敷石』で第124回芥川龍之介賞受賞。2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年に早稲田大学短歌会会長に就任。

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2018年7月28日
  • 書名
    その姿の消し方
  • 発売日
    2018年6月11日
  • 書名
    オールドレンズの神のもとで
  • 発売日
    2018年6月1日
  • 書名
    アンデル 2018年6月号

受賞歴

堀江敏幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

堀江敏幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

LIER_aino24時が近づいてきた今、芥川賞選考委員の堀江敏幸さんが言ってた「どれかを評価するということは、評価している自分が評価されていること」という言葉を思い出して震えている。もちろん宿題はまだまだ終わらない
nandelas2テジュ・コール「オープン・シティ」読了。マンハッタンに住む精神科医が日常生活と診察をしながら思索に耽る日々を詳細に綴った小説。長編のようでいて章ごとにシーンが転換するし、頭の中を事細かに描写してるから、なんとなく堀江敏幸さんの「河岸忘日抄」を連想した。(続
kitanorakkoコアな中島みゆきファンにとっては、当然知っているデータの一部に過ぎないかもしれないが、この関係は堀江敏幸と中島みゆきの両方にある程度以上関心を持っていないとピンと来ないのでは。私は本屋で『オールドレンズの神のもとで』の巻末を確認し、家に帰ってようやく自分の迂闊さに気付きました・
Iritis1983久しぶりに堀江敏幸の新刊を手にとって、なんだかほっとした
FukurouShimada荒川洋治編集の日文アンソロジー。筒井康隆と堀江敏幸が荒川のチョイスにあーだこーだ言うってムック、ちょうど日文あんま読んでない頃だったから新鮮な気持ちで読めた。また読みたいけど、電子化して欲しいな。個人的にはおでん屋台の前で女子… https://t.co/7SFnMt7AN2
kiseisnow2えー!堀江敏幸さん!宮沢さんと源ちゃん、堀江先生…なんてわたし得な組み合わせ…でも…仕事です〜#nhk_suppin
yasu_hiwatari柄にもなく、サッカーを観ている。フランスのサッカーを観ていると堀江敏幸の散文を読み返したくなる。何だったか、郊外の、場末の、鄙びたビストロか何かで、サッカーのゲームに興じる人々の場面を思い出すのだ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
堀江敏幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)