トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 室井光広

室井光広

室井光広さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

室井 光広(むろい みつひろ、1955年1月7日 - 2019年9月27日)は、日本の小説家、文芸評論家。
福島県南会津郡下郷町出身。生家は農家。
福島県立会津高等学校から早稲田大学政治経済学部に入学するが、理数音痴のために行き詰まり、演劇に興味を持ち始める。ドストエフスキーに熱中した後にキルケゴールに関心を持ち、帰郷してデンマーク語を独習する。ロンドンから取り寄せたテープでアンデルセン童話を聞く。21歳のとき、早稲田キャンパス新聞主催の第8回キャンパス文芸賞にドストエフスキー論で入選(選考委員は秋山駿)。慶應義塾大学文学部に再入学し、哲学科を卒業。在学中は慶應義塾外国語学校でロシア語を学び、東アジア諸国の言語も独習する。卒論はミシェル・フーコー。
拓殖大学図書館の司書として勤めているときにホルヘ・ルイス・ボルヘスに出会い、俳句、短歌、詩、評論、小説などを書き始める。図書館を退職して32歳から主夫生活を送る。
1988年、「零の力 J.L.ボルヘスをめぐる断章」で第31回群像新人文学賞評論部門当選。
1991年、駿台予備学校英語科講師として就職。このときの同僚に今井宏がいる。同年、『群像』に「猫又拾遺」を発表し、小説家としてもデビュー。1994年、「おどるでく」で第111回芥川龍之介賞受賞。「芥川賞受賞作史上最低の売れ行き」であったと発行元から漏れ聞くが、田中和生には「とても光栄なことでは」との言葉をもらう。
1995年、東京工業大学で講義を担当。1998年、立教大学で講義を担当。2001年、慶應義塾大学・久保田万太郎講座や早稲田大学で講義を担当。2006年、東海大学文学部文芸創作学科助教授。同年より神奈川県大磯町西小磯に在住。2007年准教授。
2011年の東日本大震災を機に商業的な執筆活動を終了する。2012年、東海大学退職。文学塾てんでんこを立ち上げ、主宰となる。
2019年9月27日、死去。

受賞歴

室井光広関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

室井光広関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yosimikawaguchi室井光広さんの奥さまがこんな田舎まで激励に来てくれた。がんばろう
kelokero_irふと室井光広さんを思い出したケロ。 #福島県 #下郷町
kobo_spitz_2487後藤明生全集と室井光広全集は絶対に必要なので刊行してくださいよお願いしますよ頼みますよこの通り
kkyeditors末尾に「室井光広氏(一九五五ー 二〇一九)に捧ぐ」という一文があって、つまり、これは室井氏への追悼写真集なのだ。佐藤先生の撮影になる写真は、「北アイルランド(ベルファスト)の壁絵」「(2016年の)スコットランド」「荒川の水面」がテーマ。
akutagawa_syou大学ノート七冊分の日記を見つけたのは去年の6月の終り、帰省先の生家の二階の隅でだった。日記は、日本語の内容がロシア文字で表音化されていた。ロシア字日記の“翻訳”から炙りだされる「おどるでく」の正体とは?忘却されたものたちの声なき声を描く作品。芥川賞受賞作『おどるでく』室井光広
a_r_tomonokai4/23はセルバンテス(1547-1616)の命日です。「騎士道小説をめぐる読みからドン・キホーテが生まれたことや、『ドン・キホーテ』の読みからボルヘスの登場人物ピエール・メナールが生まれた」室井光広『ドン・キホーテ讃歌―世界… https://t.co/zwpjuGcEfN
_shirokumaniau_佐藤亨さん『アウラ草子』(七月堂)フィルムレンズの朧な眼差し。室井光広さんへの追悼として。不思議と写真からまなざしが跳ね返ってくる。 https://t.co/88FpShVYYQ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
室井光広さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)