トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村萬壱

吉村萬壱

吉村萬壱さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 萬壱(よしむら まんいち、本名:吉村浩一、1961年2月19日 - )は、日本の小説家。愛媛県松山市生まれ、大阪府大阪市・枚方市育ち。
大阪府立長尾高等学校、京都教育大学教育学部第一社会科学科卒業。
1997年、「国営巨大浴場の午後」で第1回京都大学新聞社新人文学賞受賞。2001年、「クチュクチュバーン」で第92回文學界新人賞受賞。2003年、「ハリガネムシ」で第129回芥川龍之介賞受賞。大阪府立佐野支援学校に勤めていたが退職する。
「芥川賞の賞味期限は10年しかない」と知り合いの編集者に言われ、退職して作家専業となる。2016年、『臣女』で第22回島清恋愛文学賞受賞。
SFの影響を受けた、退廃的かつ破壊的な作風が特徴。漫画家のTHE SEIJIは双子の弟。

受賞歴

吉村萬壱関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.12.24 阿波しらさぎ文学賞、小山田浩子さんが新たに選考委員に 20年1月15日公募スタート

    徳島をテーマにした掌編小説コンクール「第3回徳島新聞 阿波しらさぎ文学賞」(徳島文学協会、徳島新聞社主催)の全国公募が2020年1月15日から始まる。今回から芥川賞作家の小山田浩子さん(36)が新たに最終選考委員に加わり、18、19年にも審査した芥川賞作家の吉村萬壱さん(58)との二枚看板となる。過去2回とも400点を超す応募があった阿波しらさぎ文学賞。女性選考委員が加わり、新たな応募が期待できそうだ。

  • 2018.4.23 徳島文学協会 が「徳島文學」創刊 小説の書き手の養成目指す

    郷土の文芸発展に向けて昨年5月に発足した徳島文学協会が「徳島文學(ぶんがく)」=写真=を創刊した。小説の書き手の養成を目指した新たな文学運動と位置付け、創刊号には県内在住の会員や、ゆかりの作家による小説11編のほか、短歌、俳句などを収録。今後、年1回の発行を予定している。

  • 2017.2.27 「温泉と文学」熱く 芥川賞作家3人が別府大学でシンポ

    別府市の別府大学で26日、「温泉と文学」をテーマにしたシンポジウム(大分合同新聞社後援)があった。玄月(げんげつ)さん(52)、吉村萬壱(まんいち)さん(56)、藤野可織さん(37)の芥川賞作家3人が温泉地との関わりについて意見を交換。湯煙たなびく泉都の魅力についてもざっくばらんに語り合った。

吉村萬壱関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hato_813@minowa_ たぶん、吉村萬壱さんでは。
JjYop美学者・伊藤亜紗さん、人類学者・奥野克巳さん、文学者・吉村萬壱さん。3人の共著『ひび割れた日常』(亜紀書房)を購入。楽しみです。 https://t.co/PbHuKCeVdt
m_muta7799笑…さすが吉村萬壱…コロナにサクラにトランプに…の時期にけつの穴とは…あすほーる! https://t.co/8cjDcNE7hU
akishobo【オンラインイベント】美学者・伊藤亜紗さん@gubibibi、人類学者・奥野克巳さん@berayung、文学者・吉村萬壱さん@yoshimuramanmanが共演!3人の共著『#ひび割れた日常』刊行記念オンラインイベントを開… https://t.co/cTbxzUgdIl
eda_etc187自分が本を買うときの基準は話の筋よりも、書かれた文字の連なりに高揚感を抱くか?で、文体にしか興味がないと言ったら大袈裟だけれども、ほとんどその一点に集約される。だから吉村萬壱さんの『ボラード病』を読み終えて、とにかくこの人の著作を… https://t.co/seRLblUrO5
consaba【オンライン】12/6 (日)14:00 - 15:30 伊藤亜紗+奥野克巳+吉村萬壱 「人間と自然の関係」を中心に、日常に入ったひびを繕うのか、それとも、いっそ大きな穴を開けて、「人間だけの世界」からの脱出口を作るのか。『ひび割… https://t.co/i9YCQ0MoJE
USAGIYATSUTAYA『ひび割れた日常』かつて経験した事の無い事態に陥っている今、人類学、文学、美学から、今置くべき〈思考の足場〉を考える。奥野克巳さん、吉村萬壱さん、伊藤亜紗さんによるリレーエッセイ。#ひび割れた日常 #奥野克巳 #吉村萬壱… https://t.co/KLniaPuN9r
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村萬壱さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)