トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉目木晴彦

吉目木晴彦

吉目木晴彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉目木 晴彦(よしめき はるひこ、1957年2月25日- )は、日本の小説家、日本近代文学研究者、安田女子大学文学部教授。「吉」の正確な表記は「14px」(「土」の下に「口」、つちよし)である。
神奈川県小田原市生まれ。武田家に生まれたが二歳で父が死んだため吉目木家へ養子にいく。養父は農学者の吉目木三男(1966年東北大学理学博士)。父がルイジアナ州立大学に出向したため、、子供時代をアメリカやタイなどで過ごす。アメリカでは、作品の舞台になったルイジアナ州のバトンルージュにも住んでいたことがある。江馬修『山の民』に感動し、影響を受ける。武蔵工業大学付属高等学校(現東京都市大学付属高等学校)、成蹊大学法学部法律学科卒業。
会社勤務のかたわら小説を書き始め、1985年に「ジパング」で第28回群像新人文学賞優秀作に選ばれる(佳作入選)。1988年に『ルイジアナ杭打ち』で第10回野間文芸新人賞、1991年に『誇り高き人々』で第19回平林たい子文学賞を受賞している。その後、1993年の上半期に、『寂寥郊野』で第109回の芥川賞を受賞した。国際結婚してアメリカ在住の日本人女性のアルツハイマー症の発症を巡る家族と当事者の人間関係を描いた作品で、1998年に松井久子監督の第1回監督作品として『ユキエ』というタイトルで映画化されている。作品のタイトルを考えるのが苦手といい、文学賞を受賞した主要作品の多くも担当の編集者のアイディアでタイトルがつけられている。
2014年より安田女子大学文学部日本文学科教授(現代小説論、文芸創作論)。

受賞歴

吉目木晴彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉目木晴彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou朝鮮戦争で来日したリチャードと結婚して幸恵がルイジアナ州バトンルージュに暮らしはじめて三十年。その幸恵の言動崩壊が始まり症状は目に見えて進んでいく。夫は妻の欝病に心あたりがないでもない。国際結婚と老いの孤立を描く現代文学の秀作。芥川賞受賞作『寂寥郊野』吉目木晴彦
kitatoshio1982吉目木晴彦は名著『魔球の伝説』でいわゆる「ニグロリーグ」を一貫して「黒人大リーグ」と表記していた。そこに60年代のルイジアナはバトンルージュで少年時代を過ごし、祖父がそのリーグの名選手だったと言い張る黒人の友人を持ったという彼の静かなこだわりを感じる。
kinokuniyanewルイジアナ杭打ち (講談社文庫) (吉目木晴彦) の、紀伊國屋電子書籍版が予約開始されました。11/29(金)配信。https://t.co/xZEKxzLgza
BaddieBeagle吉目木晴彦『ルイジアナ杭打ち Kindle版』 https://t.co/uYvL9dat9E
amaebooknewルイジアナ杭打ち (講談社文庫) (吉目木晴彦) が、Kindle化されました。11/29(金)配信。https://t.co/8AFZFbMFRR
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉目木晴彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)