トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青野聰

青野聰

青野聰さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青野 聰(あおの そう、1943年7月27日 - )は、日本の小説家、元多摩美術大学教授。
東京都出身。文藝評論家青野季吉と松井松栄の三男として生まれる。季吉は妻みづほがいた。2歳で母を喪い、継母に育てられる。1960年青野家に入籍。1966年、早稲田大学第一文学部中退。ヨーロッパや北アフリカ諸国を放浪した後、1971年、「早稲田文学」誌上にてデビュー。
『母と子の契約』(『文藝』1978年11月号掲載)が1979年1月発表の第80回芥川龍之介賞の候補となり、新世代の作家として注目される。『愚者の夜』(『文學界』1979年6月号掲載)が同年7月発表の第81回芥川賞を受賞。
1984年『女からの声』で野間文芸新人賞、1988年『人間のいとなみ』で芸術選奨文部大臣賞、1992年『母よ』で読売文学賞受賞。
1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子、田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。
文學界新人賞、三島由紀夫賞、平林たい子文学賞などの選考委員を務めた。1997年より2014年まで多摩美大教授。2008年、紫綬褒章受章。子供は男の子4人。長男、次男はそれぞれ違う母親である。

受賞歴

青野聰関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2007.4.1 インタビュー 作家「青野聰」

    青野聰は旅する文学者である。六○年代の半ばから世界をさまよい、旅を続ける人生の足どりを小説に書き続けてきた。『海亀に乗った闘牛師』は、アジアの奥地を舞台にした六年ぶりの長編小説になる。大学教授としてイギリスで一年間の研究生活を経て、インド東部をまわって日本へ帰るまでの間、ずっとその小説を抱えたまま旅をしていたという。

青野聰関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou犀は Rhinocerotidae、そこでリノ。ジニーはオランダ。パリをはじめ、世界をまたに。主題は国際的な文化論と女と男の関係だろうか。3度読まないと掴めそうにない。芥川賞受賞作『愚者の夜』青野聰
hon_meigen_bot_「わからんよ。たぶん怖いんだな。なにもかもが。人も、建物も、物という物ぜんぶが。なかでも、とくに人がな」(「充電のあいまに」チャールズ・ブコウスキー/ 青野聰 訳)
felixebeb2018/9/10 7:34:02 町でいちばんの美女 新潮文庫 31円~ 青野聰 チャールズブコウスキー Charles Bukowski 新潮社 https://t.co/OHovAw6tmZ https://t.co/r53TQaBvZJ
takeume563なおきと仲の良い同志(プロ組)は青野李吉の事かな。プロレタリア文芸評論家として活躍した人。ちな息子の青野聰は芥川賞作家。
end_of_hitsuji@aki_pack 初めまして!青野聰という作家の「オレンジ色の海」という小説です。古書扱いですが、文春文庫の『愚者の夜』に収録されています。
otr_hakushindo7/27(金)開店!スイカの日。田沼意次(老中)没後230年。小野十三郎(詩人)生誕115年。青野聰さん(小説家)75歳のお誕生日。かわぐちかいじさん(漫画家)70歳のお誕生日。業田良家さん(漫画家)還暦。ユーセフ=… https://t.co/qifJt4F6mb
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青野聰さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)