トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本の小説家。
千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、現在小説家として活躍している人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。数年後に作家専業となった。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞。
本屋大賞においては第1回から第4回まで連続ノミネートされた後、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞。なお直木賞については、2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で候補となったが、2008年、同賞の影響力の高さゆえに環境が変化する可能性を憂慮し、選考対象となることを辞退している。

伊坂幸太郎新刊

  • 発売日
    2019年8月24日
  • 書名
    アイネクライネナハトムジーク (下) (バーズコミックス スペシャル)
  • イラストレーター
    いくえみ綾
  • 発売日
    2019年7月9日
  • 書名
    クジラアタマの王様
  • 発売日
    2019年4月24日
  • 書名
    掌篇歳時記 春夏

受賞歴

伊坂幸太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊坂幸太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

queque626伊坂幸太郎の魔王って作品があるんだけど、作品の大きな主題として個人が大きな流れに立ち向かう危うさや困難さを描いてて、自分がそれに大きな影響を受けてることは否めない。
nananaka4賢いフリをしてね、 得する人間なんていないんですよ。 この国の大半の人間たちはね、 馬鹿を見ることを恐れて、 何にもしないんじゃないですか。 馬鹿を見ることを死ぬほど恐れてる、 馬鹿ばっかりですよ。 by 砂漠、伊坂幸太郎
bot_oneofbook潤也のことが頭に浮かんだ。彼が言った、「兄貴は安らかに死ねるよ」という話が思い出された。犬はいないが、それは正しい予言だったようにも感じられる。(魔王/伊坂幸太郎)
srnbot「俺にとっては黄金時代は今ですからね。この今しかないんですよ。過去のこととか先のことはどうでも良くてね、今、できることをやるんですよ。」ー伊坂幸太郎『砂漠』
pisky02優しい、気さく、どこか弱々しい、女子が上手い、キュート、軽くて考え込むものではないが、エンタメというには何処か違うような。そんな感想。例えば、伊坂幸太郎と比べてしまうとエンタメとしては弱くなるかなと。そういう、なにか足りないけど優しい感じの感想。
teech_bot大人がかっこよけりゃあな、子供はグレねえんだよ。 - 伊坂幸太郎『チルドレン』
marverll526森絵都のみかづき読み終わって、伊坂幸太郎の首折り男のための協奏曲読んでる。伊坂の文章好き。「出来上がってる」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊坂幸太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)