トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本の小説家。
千葉県松戸市出身。千葉県立小金高等学校、東北大学法学部に入学。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、後に小説家として著名になる人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。その後作家専業となる。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、直木賞候補になった2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞した。
2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で直木賞候補となる。また本屋大賞において唯一第1回から第4回まですべてにノミネートされ、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で同賞を受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞した。なお同作で直木賞の選考対象となることを「執筆に専念する」ことを理由に辞退している。

伊坂幸太郎新刊

  • 発売日
    2018年9月12日
  • 書名
    陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫)
  • 発売日
    2018年4月12日
  • 書名
    火星に住むつもりかい? (光文社文庫)

受賞歴

伊坂幸太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊坂幸太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

antho_logical「今も子供じゃねえか、パーシーみたいな顔しやがって」伊坂幸太郎『マリアビートル』
pandaniniteru本は基本的に小説しか読まなくて 伊坂幸太郎が軸で、あとは三浦しをん、星新一、田丸雅智、吉本ばななって感じです…最近ぜんぜん読んでないけど…
tosainuchann"人は誰でも、死にたがっている"「非合法的な」日々を送っている人々がいる。彼らは自殺屋だったり、押し屋だったり、様々な形で人を死に導く。3人の視点で展開されていく物語は、疾走感溢れるものであった。改めて伊坂幸太郎作品に魅了… https://t.co/aMjmFaNKiA
kimito_yukigaya「本当に大事なことは、小声でも届くものだ。」(「グラスホッパー」/伊坂幸太郎)
forest_of_kao『世の中には正しいとされていること、は存在しているけど、それが本当に正しいかどうかはわからない。だから「これが正しいことだよ」と思わせる人が一番強いんだ』マリアビートルby伊坂幸太郎
log_higurashi伊坂幸太郎の「モダンタイムス」だったと思いますが蟻は賢くないが、コロニーは賢いという表現が好きですねコロニーのシステムを作った蟻はシステムの構造とその背後にある意図や理念を理解して運用していきますが次第にシス… https://t.co/B1SFG9ooAr
gakuenza1946【公演情報】学園座2018秋公演「ゴールデンスランバー」原作:伊坂幸太郎(新潮文庫刊)脚本:成井豊演出:幸かえる10/4(木) 16:30~⚫️ 5(金) 12:30~⚫️/16:30~⚪️… https://t.co/EKG4B7wFJC
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊坂幸太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)