トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本の小説家。
千葉県松戸市出身。千葉県立小金高等学校、東北大学法学部に入学。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、後に小説家として著名になる人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。その後作家専業となる。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、直木賞候補になった2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞した。
2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で直木賞候補となる。また本屋大賞において唯一第1回から第4回まですべてにノミネートされ、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で同賞を受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞した。なお同作で直木賞の選考対象となることを「執筆に専念する」ことを理由に辞退している。

伊坂幸太郎新刊

  • 発売日
    2018年4月12日
  • 書名
    火星に住むつもりかい? (光文社文庫)

受賞歴

伊坂幸太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊坂幸太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

teech_bot痴漢は死ね。 - 伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』
_ayfw伊坂幸太郎はグラスホッパーから読んだせいでwaltzが悲しかったですね…
s_meigen_tweet「そもそも、大人が恰好良ければ、子供はぐれねえんだよ」伊坂幸太郎『チルドレン』
yugashiki【ゴールデンスランバー (新潮文庫)/伊坂 幸太郎】面白かった。   傑作だ。 これは傑作と言って良いと思う。     「物語の風呂敷は、畳む過程が一番つまらない」とは著者の言葉らしいけれど… → https://t.co/zZLjJneWP9 #bookmeter
behindpurpleこのおっさんとヤンキー少年は、元々は伊坂幸太郎氏の「グラスホッパー」っつー小説の殺し屋とその斡旋者なんですね、そこから魔王という伊坂幸太郎先生原作、大須賀めぐみ先生著、という変則的な前日譚コミックを経て、そこからさらそのに前日譚と… https://t.co/POG3yqKNbW
amabile1988「何で、おまえがもらえて、俺がもらえないんだよ」「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」「は?そんなの、関係ねえだろ」「え」「関係ないっつうの。ずるいじゃねえか」(チルドレン/伊坂幸太郎)
PYTshanti伊坂幸太郎「終末のフール」読了。月に一冊は本を読み切りたいと思いつつも先月は達成できず。とりあえず今月は読み終われてよかった。新しい本探してこよう。読みたい本は相変わらずたくさんある。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊坂幸太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)