トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊坂 幸太郎|いさか こうたろう|1971年5月25日 - は、日本の小説家。
千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、現在小説家として活躍している人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。数年後に作家専業となった。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞。
本屋大賞においては第1回から第4回まで連続ノミネートされた後、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞。なお直木賞については、2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で候補となったが、2008年、同賞の影響力の高さゆえに環境が変化する可能性を憂慮し、選考対象となることを辞退している。。2020年に『逆ソクラテス』で第33回柴田錬三郎賞を受賞。
2020年より山本周五郎賞の選考委員を務める。
著作の多くは中国語訳、韓国語訳が出版されており、タイ、フランスでも刊行されている。英語圏では、2011年にアメリカで『ゴールデンスランバー』(英題『''Remote Control''』)、2021年4月にはイギリスで『マリアビートル』(英題『''Bullet Train''』)が刊行された(アメリカ版は8月予定)。

受賞歴

伊坂幸太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊坂幸太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

YkPsa8o0XQcCw8J終末のフール 伊坂幸太郎「あなたの生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」あと3年で終わる世界を描いた作品。読後のじんわりした満足感がほんとたまらない!自分の今の生き方はどのくらい生きるつもりの生き方なのだろう、とこの言葉から考えさせられた。#読了
ppkxjToday is the first day of the rest of your life. -今日という日は残された日々の最初の一日。 (伊坂幸太郎 終末のフール)
LovingWordsBot「…練習の手を抜きたくなる時とか、試合で逃げたくなる時に、自分に訊くんです。『おい俺、俺は、こんな俺を許すのか?』って」終末のフール/伊坂幸太郎
along1366今日合間合間に読んでた伊坂幸太郎の砂漠を読み終わったらこんな時間
boobookwords学生時代を思い出して懐かしがるのは構わないが、あの時はよかったな、オアシスだったなと逃げるようなことは絶対に考えるな。そういう人生を送るなよ。(『砂漠』伊坂幸太郎p533)
kokokodamadama #読了 砂漠/伊坂幸太郎とても面白い本でした。登場人物がみんな素敵過ぎる。こういう物語は好きじゃなくもない。相変わらず読書スランプなので、読むのにすごく時間がかかってしまった、、#砂漠#伊坂幸太郎 #読書の秋… https://t.co/iAVN5j27tk
gyobookbot「だってさ、人間は情報ではできていないのよ。その人の情報がどれだけ集まっても、その人間はできあがらない。逆に考えれば、情報がいくら漏れても、実はその人間が死ぬようなことにはならないはずなんだって」伊坂幸太郎【モダンタイムス】
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊坂幸太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)