トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 和久峻三

和久峻三

和久峻三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

和久 峻三(わく しゅんぞう、1930年7月10日 - 2018年10月10日)は、日本の推理作家、弁護士。本名は古屋峻三。別名として夏目 大介(なつめ だいすけ)。写真家としての顔も持ち、日本図書館協会選定図書の写真集『日本の原風景』(1993年)も発表している。
大阪府大阪市出身。京都大学法学部出身で、この時の同窓に大島渚がいる。卒業後は中日新聞社の記者を経て、弁護士となり京都に法律事務所を開く。
1960年に『宝石増刊』に本名の滝井峻三名義で『紅い月』を発表してデビュー。
1972年に、『仮面法廷』で第18回江戸川乱歩賞を受賞。1989年に、『雨月荘殺人事件』で第42回日本推理作家協会賞を受賞。
小説のほか、法律案内の著書も何点か刊行している。夏目大介名義でのファンタジー作品もある。
1977年には『クイズダービー』の3代目1枠レギュラー解答者を務めていたが、わずか3か月で降板(後任の1枠レギュラーは篠沢秀夫)。正解率は2割6分7厘(2勝7敗~3勝6敗ペース)だった。
1994年、『噂の真相』の記事中にある結婚回数や執筆方法、人柄などについての内容が名誉毀損に当たるとして、当時の妻、元妻と共に刑事告訴を行った(和久は、弁護士という法律のプロでありながら、権利を濫用し、民事提訴でなく、東京地検幹部の私怨に乗じて、刑事告訴をし、同時に告訴をした、西川りゅうじんが、途中で告訴を取り下げたのにもかかわらず、最後まで、取り下げなかった)。審理は最高裁まで進み、2005年3月7日、編集長を懲役8月、執行猶予2年、執筆者である担当デスクを懲役6月、執行猶予2年とする有罪判決が確定した。本件に関連して、プライバシー無視のマスコミ報道を取り扱った「京都奥嵯峨 柚子の里殺人事件-赤かぶ検事奮戦記31」(角川文庫、1994年)の内容が名誉毀損であると編集長から告訴されたが、不起訴処分となっている。
2010年1月13日に放映された『赤かぶ検事京都篇』では、和久本人が柊茂が食事中の場面で通りすがりではあるが、弁護士・和久峻三(本人)という設定で出演した。
娘はフランキー堺の長男と結婚した。弟は最高裁判事を務めた滝井繁男。
2018年10月10日午前11時30分、死去。88歳没。生前からの希望により葬儀は行なわず、遺骨は散骨された。

受賞歴

和久峻三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

和久峻三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

urbansea月刊文藝春秋1979年12月号、 和久峻三「刑務所でも経理係九億円横領の奥村彰子」、稲垣武(後に「諸君」で「悪魔祓いの戦後史」)「関口少年のスプーン曲げを見破ったカメラ」、佐藤秀郎(後に「水の迷路」)「青酸コーラ被害者檜垣明君親が… https://t.co/mCYvb7aXqQ
raisen_bot_qmaNo.601 次のの正しい組み合わせを選びなさい⇒仮面法廷―和久峻三、天使の傷痕―西村京太郎、放課後―東野圭吾
raisen_bot2_qmaNo.91 次の作家・和久峻三の作品と、その主人公の正しい組み合わせを選びなさい⇒「告発弁護士」シリーズ―猪狩文助、「京都殺人案内」シリーズ―音川音次郎、「赤かぶ検事」シリーズ―柊茂
kurotuki_3中日新聞赤かぶ検事 和久峻三が勤務していた新聞社 https://t.co/TgwHBiSqlA
_yoon1最高裁判所判事を務めた故滝井繁男先生と、赤かぶ検事で有名かつ自身も出演してた故和久峻三先生が、Twitterやってたら、どないなったやろう…ただ兄弟ではあるが…(ry https://t.co/LyRxXkZHr6
Redips00小学生の頃に読んでた和久峻三さんの『民法おもしろ事典』は、ちょっと古いから今の法律と合わないとこあるものの、おもしろいよ。あれが多分、弁護士としての私の原点。
shianmor@jugemoon 法廷を舞台とした作品の多い和久峻三さんは同時に弁護士さんでね、作中にいろんな境遇の法律家さんが出てきてた。なので小学生の頃から、弁護士も大変だなって思っていました。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
和久峻三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)