トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮部みゆき

宮部みゆき

宮部みゆきさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮部 みゆき(みやべ みゆき、1960年12月23日江東区生まれ。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」元会員。
OL、法律事務所、東京ガス集金課勤務の後、小説家になる。1987年、「我らが隣人の犯罪」でデビューする。以後、『龍は眠る』(日本推理作家協会賞受賞)『火車』(山本周五郎賞受賞)『理由』(直木賞受賞)『模倣犯』(毎日出版文化賞特別賞受賞)などのミステリー小説や、『本所深川ふしぎ草紙』(吉川英治文学新人賞受賞)『ぼんくら』などの時代小説で人気作家となる。ほかに、ファンタジーやジュブナイルものの作品がある。
=
1960年12月23日、東京都江東区深川のサラリーマン家庭に生まれる。母方の祖父は木場の川並職人、父親も職人的な仕事である。その後は移動図書館で借りて読み、『人形の家』ルーマー・ゴッデンや『ドリトル先生』シリーズを愛読した。
父から、落語や講談の怪談噺を聞かされ育った。父はテレビ時代劇も大好きで、一家で大河ドラマを観て、自分もファンになり、特に中学1年生で『国盗り物語』にはまり、再放送も観て複雑な人間関係や時代背景、そして戦国時代の基礎知識を学習した。『草燃える』で鎌倉時代を同様に学習する。また父に倣い原作の時代小説を読み、永井路子のファンとなり、他の小説も読む。山本周五郎の『赤ひげ診療譚』と他の小説も同様の経緯で読んだ。
映画好きの母からはハリウッドの黄金期の映画、例えば『恐怖の報酬』、『鳥』、『サイコ』などの話を、ビデオがない時代なので、子供時代からずっと語りかけで聞く。
また、中学校の図書館の『世界の名作怪奇館シリーズ』にはまり、高校生にかけては英米の怪奇小説にはまり『幻想と怪奇』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)、『怪奇小説傑作集』(創元推理文庫)、アンソロジー『怪奇と幻想』(角川文庫)、荒俣宏・紀田順一郎監修『怪奇幻想の文学』シリーズ(新人物往来社)などを公立図書館で借りて読む。
小中学校ではずっと、作文で褒められたことがなかった。小学4年生の時には読書感想文を「感想でなく本の宣伝文だ」と直させられたことさえあった。しかし、高校3年生の時の担任で国語の先生に、宮部は人に読ませようとして書いているから、小説家やライターになれるかもわからない、と初めて褒められた。

宮部みゆき新刊

  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    過ぎ去りし王国の城 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年4月27日
  • 書名
    あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続
  • 発売日
    2018年3月9日
  • 書名
    昭和史の10大事件 (文春文庫 み)

受賞歴

宮部みゆき関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宮部みゆき関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

KellyPaaBio湊かなえも宮部みゆきもノットフォーミーだったんだ。。。
rairen_bot1:矢田亜希子主演で映画化 2:宮部みゆきの小説 3:対犯罪組織「ガーディアン」 4:主人公は超能力者 A:クロスファイア
KadokawaBunko【文芸情報サイト《#カドブン》7/20新着記事】[レビュー]#池内万作(俳優)#宮部みゆき『#あやかし草紙 #三島屋変調百物語伍之続』愚かな人間たちが語り捨てる、他言無用の物語――宮部みゆきのライフワーク的江戸怪談『あやかし… https://t.co/zvWbvBhdGD
umekata毎日新聞の次の新聞小説は、宮部みゆきの「三島屋変調百物語」だ。https://t.co/EieWboxK8E https://t.co/EieWboxK8E
zha2inu3宮部みゆきの小説だったと思うけど、女は新聞を畳むのが下手って文が有ってそれマジ私〜〜〜!ってなった。新聞だろうと傘だろうと服だろうと畳むのがとにかく下手。
nokko_happyやったーーー!いつも読んでる新聞の小説が宮部みゆきさんに。かつ、大好きな三島屋シリーズ!!狂喜なう。#宮部みゆき
_sobae何気に宮部みゆきさんのやつは、いいよさん好きそうだなって思ってる。少年少女と大人の冒険小説。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮部みゆきさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)