トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 原田康子

原田康子

原田康子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

原田 康子(はらだ やすこ、1928年1月12日 - 2009年10月20日)は日本の小説家である。本名は佐々木康子(旧姓:原田)。
東京都生まれ、北海道釧路市出身。市立釧路高等女学校(現・北海道釧路江南高等学校)卒業後、釧路新聞に勤務。
1949年に同人雑誌「北海文学」に処女作『冬の雨』を発表し、以後も同誌を中心に短編・長編を発表。1954年「新潮」同人雑誌賞に『サビタの記憶』で応募、最終候補に残って伊藤整らの高い評価を得る。翌年から「北海文学」誌上に長編『挽歌』を連載。1956年に出版されベストセラーとなり、映画化されるなど大きな反響を呼んだ。『挽歌』は翻訳され、海外数ヶ国でも出版されている。また1991年には、『満月』が『満月 MR.MOONLIGHT』のタイトルで映画化されている。
競馬、将棋を趣味とし、それらについてのエッセイ集『はなれ駒あそび駒』もある。1998年の将棋王座戦の観戦記を執筆し、翌年、将棋ペンクラブ大賞(観戦記部門賞)を受賞。
『挽歌』と『蝋涙』(1999年)で2度女流文学賞を、『海霧』(2002年)で第37回吉川英治文学賞を受賞している。2003年、北海道文化賞受賞。
2009年10月20日、肺炎のため札幌市内の病院で逝去。。
人気作家となった後も、北海道在住のまま執筆活動を続けていたことでも知られる。

受賞歴

原田康子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

原田康子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kyoichizax「挽歌」(原田康子)読了。北辺の街、釧路で鬱々とした生活を送る怜子は建築家・桂木に惹かれる。外面的に幸福そうな桂木家だが、彼の美しい夫人が不貞を働いていることを偶然知った怜子は、秘密をさらに覗きたい隠微な衝動に駆られのめり込んでゆく。その先に悲劇が。60年代のベストセラー。#読書
eikamaこの日が忌日、二宮尊徳(安政3、1856/11/17)、アン・サリヴァン(1936)、吉田茂(1967)、原田康子(2009)、天野祐吉(2013)、肝付兼太(2016)、田部井淳子(2016)、平尾誠二(2016)。
meihuku2009年に肺炎で逝去され、今日で11回目の命日を迎える作家、原田康子さんのご冥福をお祈りします。
Takeridon釧路市立中央図書館に併設されている釧路文学館へ。ちょうど「没後10年 原田康子展」が開催中。代表作『挽歌』は1956年の作品で、釧路の同人誌『北海文学』にガリ版刷りで連載され、単行本がベストセラーとなったもの。「ご当地性」の薄い小… https://t.co/PdGY3J5zsa
booksnanpando@forestbk_ @verandadesumire 次の満月にはもとの時代に戻るんだろうなあ、その間に恋に落ちたりするんだろうなあ…(原田康子)
MayuMayuarts@goldenkamy0804 アニメは親が見てるのをたまに一緒に見てたくらいだな〜それに北海道に住んでると、至る所に『ゴールデンカムイ』の文字が出てくるから、人気があることだけは伝わってる。原田康子さんって初めて知ったわ。地元な… https://t.co/d0da2EkrQi
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
原田康子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)