トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 原田康子

原田康子

原田康子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

原田 康子(はらだ やすこ、1928年1月12日 - 2009年10月20日)は日本の小説家である。本名は佐々木康子(旧姓:原田)。
東京都生まれ、北海道釧路市出身。市立釧路高等女学校(現・北海道釧路江南高等学校)卒業後、釧路新聞に勤務。
1949年に同人雑誌「北海文学」に処女作『冬の雨』を発表し、以後も同誌を中心に短編・長編を発表。1954年「新潮」同人雑誌賞に『サビタの記憶』で応募、最終候補に残って伊藤整らの高い評価を得る。翌年から「北海文学」誌上に長編『挽歌』を連載。1956年に出版されベストセラーとなり、映画化されるなど大きな反響を呼んだ。『挽歌』は翻訳され、海外数ヶ国でも出版されている。また1991年には、『満月』が『満月 MR.MOONLIGHT』のタイトルで映画化されている。
競馬、将棋を趣味とし、それらについてのエッセイ集『はなれ駒あそび駒』もある。1998年の将棋王座戦の観戦記を執筆し、翌年、将棋ペンクラブ大賞(観戦記部門賞)を受賞。
『挽歌』と『蝋涙』(1999年)で2度女流文学賞を、『海霧』(2002年)で第37回吉川英治文学賞を受賞している。2003年、北海道文化賞受賞。
2009年10月20日、肺炎のため札幌市内の病院で逝去。。
人気作家となった後も、北海道在住のまま執筆活動を続けていたことでも知られる。

受賞歴

原田康子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

原田康子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_takagi_@yukikokooo あ、やっぱり幣舞橋付近でしたか。マヤ、原田康子のヒロインっぽいんですよね。「挽歌」「白い悪魔」ほーふつさせます。でも緒方の役モリマだとちょっと老けすぎ、誰だったらよかったのかしらとか妄想してます。
kawaitomoko54フェルメール展のチケット提示で200円割引になるという北海道立近代美術館の羽生輝展へ。らせん階段を昇って2階にも展示があった。階段がきつい。大作が多かったが、印象に残ったのは釧路新聞連載「挽歌」の挿絵原画。『海霧』の挿絵原画も… https://t.co/AvzG4gz9tS
ibusemishima131『挽歌』貴女から去りぬ君の好きな原田康子氏の『挽歌』を読んだ私紙片に密やかに書いた「汚れたよ」と「でも立ち直る勇気よ」と右の頬に接吻した貴女でも勇気は来ない「待ってちゃ駄目よ」レコードは語るアルトサッ… https://t.co/YXY1kloy8f
2009Kamisaku「サビタの記憶」(原田康子) 角川書店 を @amazonから出品しました #かみふくおか作業所 http//:https://t.co/i6WqZy5pLG
hikojii2読了・「廃園」原田康子作者を知ったのは昭和30年代後半 NHK のラジオ番組、私の本棚で「挽歌」を聞いて印象に残り、一緒に買った本である。心の動きや情景、雰囲気、つまり人情の機微を巧みに描いています。 https://t.co/WXflmhxgTW
shokoshoten妻子ある男性との恋に倦み、兄の友人と結婚したむつ子。仕事が忙しく不在がちの夫との結婚生活も三年になろうとしたころ、叔父夫婦の養子である大学生の京太が現れる。さらに夫に忍び寄る箕島夫人の存在を知って─。原田康子『廃園』 |… https://t.co/UaaWpsvE2P
Prof_Nogita@okihinu 吉川英治文学賞受賞作の原田康子著「海霧」https://t.co/2Zp4bS6RAUで、主人公が北海道の炭田を開発するのが物語の舞台でした。【研究者の書評-9】原田康子著「海霧」(上)(中)(下)巻。九州… https://t.co/Qbtsw0hW5T
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
原田康子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)