トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 原田康子

原田康子

原田康子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

原田 康子(はらだ やすこ、1928年1月12日 - 2009年10月20日)は日本の小説家である。本名は佐々木康子(旧姓:原田)。
東京都生まれ、北海道釧路市出身。市立釧路高等女学校(現・北海道釧路江南高等学校)卒業後、釧路新聞に勤務。
1949年に同人雑誌「北海文学」に処女作『冬の雨』を発表し、以後も同誌を中心に短編・長編を発表。1954年「新潮」同人雑誌賞に『サビタの記憶』で応募、最終候補に残って伊藤整らの高い評価を得る。翌年から「北海文学」誌上に長編『挽歌』を連載。1956年に出版されベストセラーとなり、映画化されるなど大きな反響を呼んだ。『挽歌』は翻訳され、海外数ヶ国でも出版されている。また1991年には、『満月』が『満月 MR.MOONLIGHT』のタイトルで映画化されている。
競馬、将棋を趣味とし、それらについてのエッセイ集『はなれ駒あそび駒』もある。1998年の将棋王座戦の観戦記を執筆し、翌年、将棋ペンクラブ大賞(観戦記部門賞)を受賞。
『挽歌』と『蝋涙』(1999年)で2度女流文学賞を、『海霧』(2002年)で第37回吉川英治文学賞を受賞している。2003年、北海道文化賞受賞。
2009年10月20日、肺炎のため札幌市内の病院で逝去。。
人気作家となった後も、北海道在住のまま執筆活動を続けていたことでも知られる。

受賞歴

原田康子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

原田康子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

officeyuko@FujikoWatanuki 原田康子さんの小説「サビタの記憶」は十代、二十代に大好きでした!
FujikoWatanuki新潮文庫「サビタの記憶・廃園」原田康子。短編・中編集。「薔薇の匂い」「週末の二人」「海を射つとき」「廃園」が良かった。どの作品も謎、というか不穏な予感の種が残ったままで終わるのが苦味があって良い。「海を射つとき」は今でも映像化して… https://t.co/uDigtH0Eus
takakotanaka原田康子、若い頃文庫がたくさん出ていてよく読んだ。『挽歌』は北海道ブームの走りでもあった。『病める丘』が一番好き。 https://t.co/Mv04z6GLGu
yIgToJ2WlaK3Zih挽歌         原田康子北海道の霧の町。気怠く孤独なヒロイン怜子。病弱で左腕の不自由な彼女は桂木という妻子ある男性と出会い彼の家庭に興味を持って近づく。好奇心と愛と。怜子に翻弄されながらあっという間に読んでしまった。… https://t.co/YeNgAXz5wh
2cFQSGFuUCPHCSw追悼・原田康子さんと映画「挽歌」、トレンチコートが似合う女性がいなくなった | ツーリズムラボ 北杜の窓 "追悼・原田康子さんと映画「挽歌」、トレンチコートが似合う女性がいなくなった | ツーリズムラボ 北杜の窓" https://t.co/DDQQc3gibA
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    原田康子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)