トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 薄井ゆうじ

薄井ゆうじ

薄井ゆうじさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

薄井 ゆうじ(うすい ゆうじ、本名:薄井 雄二(ネット名:くじら鳥)、1949年1月1日 - )は、茨城県出身の小説家。
茨城県立土浦第一高等学校卒業後、日雇い生活などを経て、その後、イラストレーター「たの・かえる」として『週刊プレイボーイ』誌に5年、『夕刊フジ』紙に16年間イラストを掲載。イラストルポやグラフ誌写真取材等を手掛け、広告及び編集プロダクション「株式会社イーハトーブ」を経営。
池袋コミュニティ・カレッジの都筑道夫の創作講座を受講し、1988年「残像少年」で第51回小説現代新人賞受賞。1991年に初の長編『天使猫のいる部屋』を発表。1994年、『樹の上の草魚』 で第15回吉川英治文学新人賞受賞。
筒井康隆、小林恭二、堀晃、佐藤亜紀との5名で、「JALInet」(JAPAN LITERATURE net)を、発起人として創設したことがある。

受賞歴

薄井ゆうじ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

薄井ゆうじ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

machiko_yoka昨日読んだ長男の塾の国語の課題文がよかった。誰も身体的には傷つかない小説文で、優しさや愛がある話だけど痛みもまたそこかしこに落ちていて、最終的には無邪気な少年時代の終焉が描かれていた。どうにも続きが気になるけど絶版本のようなので、図書館で探そう。薄井ゆうじ作、青の時間。
sf_meimonku本の虫(ホンノムシ)は実在したのである / スティーブン・ヤング「本の虫」(薄井ゆうじ訳)https://t.co/XwHWg27fJo
nasukashくじらさんのインタビュー読んだ。薄井ゆうじ『くじらの降る森』気になる〜クリエーターインタビュー:森のくじらの物語|みたすくらす #東海の地産情報を地元クリエイターがお届け! #みたすくらす #ASMITAS #東邦ガス https://t.co/FuTK8dGJU6
morinokujira▼薄井ゆうじさんは広告編集プロダクションを起業されていたことがあるのですが『社長ゲーム』『社長物語』になんとなくその頃の雰囲気がわかるような描写もありいろいろと面白く拝読しました。ちなみに過去のインタビューもあったので貼っておきま… https://t.co/WjFB25cFcA
IT8vZ4Vl4i1ciR0@MyFirstLoveisSH 図書館お疲れさま☺️今度、「青の時間」薄井ゆうじ!探してみて笑
mirico_mirico北欧の挿絵とおとぎ話の世界 海野弘ヨーロッパの図像 神話・伝説とおとぎ話 海野弘化け物心中 蝉谷みぐ実枕草子REMIX 酒井順子伝説の家政婦志麻さんのレシピ本一度きりの大泉の話 萩尾望都満月物語 薄井ゆうじすい… https://t.co/pJL0qpn2s9
TaKu_KSiマウンテンメスゴリラは苦手だけど、薄井ゆうじさんのイエティの遺言のイエティは、魅力的だな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
薄井ゆうじさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)