トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 司修

司修

司修さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

司 修(つかさ おさむ、1936年〈昭和11年〉6月25日 - )は、日本の小説家、画家、装丁家、エッセイスト。産経児童出版文化賞を受賞3回、芥川賞候補にもなっている。法政大学名誉教授。
群馬県前橋市出身。太平洋戦争末期1945年(昭和20年)8月5日、犠牲者535人を出した米軍による前橋空襲に9歳で遭遇し、「広島に原爆が投下された前日。焼け野原の街で実感したのは絶望より『もう戦争はない』という喜び」を心の原風景として、「何もない環境から探し出す生活で、雑草を食べ孟宗竹を裂いて家も建て」て、「生きる執着心をたたき込まれた」。
中学校を卒業後、映画看板師(映画館に設置の宣伝看板の絵を描く仕事)の助手として働きながら、絵を独学。24歳のとき画家を志し上京したが、力不足を痛感し絶望。そんなの折、同じ群馬出身で「日本近代詩の父」と呼ばれた詩人の萩原朔太郎の詩『死なない蛸』を読み、「薄暗い水槽の底で孤独と飢えに耐えるタコ。自らの足や体を食べ、最後に肉体は消滅してしまうが、その憤りや精神力は永遠に生きていく。その詩を読んだ時、自分の絶望感がちっぽけに思え」て、人生観を変えた。
言葉の持つ力に感動した結果、絵本や装丁の仕事も始める。そこで野間宏や大江健三郎、武田泰淳、三島由紀夫ら有名作家の著作本の装丁に携わるうち、「現代文学を読み解き、他者の問題を自分に引き付けて考えるようになった」。そして、自身も執筆活動を始めた。そして「描くことへの貪欲さ、『目に見えないものをいかに表現するか』という絵の姿勢も完成した」。

受賞歴

司修関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

司修関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Harps_hair@Barn_Burning すごい!コレは!司修さんの作品なんですね。この地図見るだけで、塀の中の世界へ行けますね
blue_airship綺麗に撮れていませんが、『星踊る綺羅の鳴く川』単行本版(2000年/講談社)の書影を上げておきます。ちなみに台にさせてもらったのは同著者の『原生花の森の司』(1980年/文藝春秋)。前者の装丁は横尾忠則、後者の装丁は司修です。 https://t.co/c6WAvMFqID
Barn_Burning続いてとなりの東京装画賞展。の隅でやってた司修さんのミニ展示、村上春樹のハードボイルド・ワンダーランドのあれじゃないか!嬉しい! https://t.co/oC7IAhlRuq
OldSogenBot『渚にて』 ネビル・シュート (カバー:司修/21版 1973) SF 創元推理文庫旧装丁bot https://t.co/iAgE01f7Cl
gracegarden252一応アマからプロの人の作品の額やマットのチョイスも長年やっていたので…。プロの方、たくさんいらっしゃいました。飯野和好さんや司修さんや……えーと……色々と……。プロの人だと画材のことは逆に画家の方のほうが詳しいので教えていただいたりして。
kaiyuartまた、同協会よりホール・オブ・フェイムを授与された司修氏の特別展示コーナー、数多くの装丁を手がけられた坂川栄治氏の追悼展コーナーもあり、見応え十分です。ギャラリー路草https://t.co/tdOAVJy57211/1https://t.co/7vJTwlqVI1
kotonoha_booksおはようございます。今日は司修の本を2冊。https://t.co/Tqn330pxTb奈待三郎/司修「ろくわのはくちょう」、長崎源之助/司修「やまびこ村のふしぎな少年」です。 https://t.co/PTUHFiW8r5
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
司修さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)