トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 竹西寛子

竹西寛子

竹西寛子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

竹西 寛子(たけにし ひろこ、1929年4月11日 - )は、日本の小説家、評論家。編集者の傍ら丹羽文雄主宰の「文学者」に参加。評論『往還の記』で注目され、次いで『儀式』で小説家としても認められた。古典文学に深い知識を持ち、古典文学を現代文学の問題として考える独自の視点が一貫している。16歳の時に広島で被爆し、その経験がのちの文学活動の根幹となった。随想・随筆も多い。日本芸術院会員。文化功労者。
広島市皆実町(現・同市南区内)に生まれる。家は醸造業だった。第二次世界大戦中の1942年、県立広島女子専門学校(現県立広島大学の前身校)に入学、戦争末期には学徒動員により軍需工場などでの勤労奉仕に従事した。1945年8月6日の原爆投下の際は、学徒動員先の工場をたまたま体調を崩して休み、爆心地から2.5kmの自宅に在宅していたために大きな被害を免れることができたが、多くの級友が被爆死し、この体験が後の文学活動の根本になっている。1952年早稲田大学第一文学部国文科を卒業、河出書房に勤務するが、1957年同社倒産により解雇、筑摩書房に入社し、文学全集等の編集に携わった。その傍らで評論を書き続け、1962年に退社し、執筆活動に専念。主な代表作に評論『往還の記 - 日本の古典に思う』、自身の被爆体験をテーマとする小説『管絃祭』、小説『贈答のうた』などがあり、主要著作をまとめた『竹西寛子著作集』(全5巻・新潮社)や『竹西寛子随想集』(全3巻・岩波書店)がある。1994年芸術院会員。

受賞歴

竹西寛子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

竹西寛子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

byosya_bot橙色の、幾筋もの大波のうねりをみせて視界を覆っている雲海に、そのまま溺れて行くのかという感覚竹西寛子『草原の歌』より雲/霧の描写
HaN48432274運動に良い思い出が全く無いからだろうか、体を使った物事を最後迄楽しく見る為には大体そういう薬が必要である。ダンス等は、体を振り回し表情筋を歪ませて人に見せているのを見ると、竹西寛子の『神馬』の様な気持ちになる。ミュージカルは不幸者も全員筋肉がしっかりしていて逞しそうだし、唐突に
cosmic24heaven1歌は、人と心とからだのかたみである。記紀万葉以来の、恋歌の長い歴史のないところには、多分、現代の日本語もあり得なかったであろう。竹西寛子『日本の恋歌』 30
sava_mujirushi自分の言葉がない。頭に浮かぶ採石の音は竹西寛子の随想からだ。石がトロッコで運ばれるイメージは、トランストロンメルの詩だ。リアリティのダンスでも何か積み運ばれて行くシーンがあったかもしれない。いつも考える塔はefの塔だし、戦闘機に乗… https://t.co/0iD2CAWhI4
myoji_yurai【名字由来net】文学者 竹西寛子さんの名字情報が更新されました https://t.co/ypLbYGxofa #名字由来 #ニュース #芸能
summeralbumbot水引草の鉾や河原撫子を濡らしていた小雨が止んで、雲間から薄日が射し始めた。以前は、学校から帰ったばかりの子供らしいピアノの稽古の音や、すぐ近くの社宅の庭で漕ぐブランコの音を、聞き分け難い遊びの叫び声とともによく耳にしたものだった。もうすぐ夏至である。竹西寛子/平成二十年夏至
rinzuaka竹西寛子さんの『詞華断章』、大好きな本です。詩歌好きな人にはおすすめ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
竹西寛子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)