トップページ > 作家名一覧 > のから始まる作家名一覧 > 野間宏

野間宏

野間宏さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

野間 宏(のま ひろし、1915年(大正4年)2月23日 - 1991年(平成3年)1月2日)は、日本の小説家・評論家・詩人。
大学時代の左翼運動と出征経験から、戦後『暗い絵』を書いて第一次戦後派の先頭に立ち、特に『真空地帯』は大きな反響を呼んで戦後文学の記念碑的名作となった。その後は社会全体の構造をとらえる全体小説を志向し、次々と大作を発表。文学の国際交流にも尽力し、また最晩年まで社会的な発言を多く行った。部落外の出身者だが部落解放同盟中央委員となった
date=2013-03
僧侶(在家の新しい流派を建てたので、既存の寺院に属してはいなかった)を父として、兵庫県神戸市長田区に生まれる。大阪府立北野中学校に進学する。
1932年、旧制第三高等学校在学中、同人誌「三人」を富士正晴(野間は富士の妹と結婚したので義兄)、竹之内静雄と創刊。
1935年、京都帝国大学文学部仏文科に進学し、反戦学生運動に参加。
1938年、京都帝国大学文学部仏文科卒業。
1938年から大阪市役所に勤務し、被差別部落関係の仕事を担当した。
1941年に応召し、中国やフィリピンを転戦するも、マラリアに感染したため帰国。
1943年、社会主義運動の前歴を憲兵に追及され、思想犯として大阪陸軍刑務所で半年間服役。年末に出所後、監視つきで原隊に復帰。
1944年2月、召集解除。大阪の軍需工場に勤務していた時、敗戦を迎える。
敗戦後、日本共産党に入党。
1946年、『暗い絵』を発表し、作家生活に入る。
1951年、前年創刊された雑誌『人民文学』の編集にかかわる。
1952年、『真空地帯』で毎日出版文化賞を受賞。
1954年、詩集『スターリン讃歌』編集に参加。同書のためにスターリンを賛美した詩『星の歩み』『スターリン』を執筆。
1964年、ソ連に追随したとして、日本共産党から除名処分を受ける。
1971年、『青年の環』で谷崎潤一郎賞を受賞。
1973年、『青年の環』がロータス賞を受賞。
1974年、「日本アジア・アフリカ作家会議」の初代議長に選出される。
1977年、『差別・その根源を問う』『狭山裁判』など部落問題に関する言論活動が評価され、松本治一郎賞を受賞。
1989年、 『野間宏作品集』(全14巻・岩波書店)をはじめとする文学への貢献により、1988年度朝日賞を受賞。
1991年、食道癌の合併症により東京慈恵会医科大学附属病院で死去。

受賞歴

野間宏関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

野間宏関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cloverfish300@onitannbi 野間宏、もっと広めましょう。(野間宏初心者の声)
36_dan0925忍耐は意志に属しているように普通は言われ、また考えられているようだけれども、そうではないわ。忍耐は感情に属しているのよ。だから忍耐は悲しいものだし、苦しいものなの。〜野間宏『青年の環』 https://t.co/JiTWKnSbOb
onitannbi読んだ本溜まってきたし気分がのったので久しぶりに打ち込みしようと思ったが、うっかり野間宏をパラパラやったらもうダメになった。野間宏、ダメ、絶対。
sekai_no_meiku忍耐は意志に属しているように普通は言われ、また考えられているようだけれども、そうではないわ。忍耐は感情に属しているのよ。だから忍耐は悲しいものだし、苦しいものなの。(野間宏/『青年の環』)https://t.co/W0cYsPP0RI
shiteki_bungakuユ-トピアへの意志--「真空地帯」試論 (野間宏のまなざしのむこうへ<特集>) https://t.co/2GeqvFUmDZ
genius_200(親鸞聖人は)その時代の矛盾、悪の一切を自分の身に引き受け、その重みによってひとりでに時代の底に沈み続けて、ついに時代をその底から越え出て行ったのである。(作家 野間宏)何かとっても文学的!
mikemekimiこの複写は、2019年以前とかに送ってもらったものにあったので、この後の武田泰淳・梅崎春生・野間宏・中村(眞)・三島由紀夫・北條誠の部分とつながってるものだと思ってみてなかったため、新たな知見があるかもしれんですねー
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
野間宏さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)