トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 遠藤周作

遠藤周作

遠藤周作さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。
父親の仕事の都合で幼少時代を満洲で過ごした。帰国後の12歳の時に伯母の影響でカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科入学、在学中同人雑誌「上智」第1号に評論「形而上的神、宗教的神」を発表した(1942年同学中退)。
慶應義塾大学文学部仏文科を卒業後、1950年にフランスのリヨンへ留学。帰国後は批評家として活動するが、1955年半ばに発表した小説「白い人」が芥川賞を受賞し、小説家として脚光を浴びた。第三の新人の一人。キリスト教を主題にした作品を多く執筆し、代表作に『海と毒薬』『沈黙』『侍』『深い河』などがある。1960年代初頭に大病を患い、その療養のため町田市玉川学園に転居してからは「狐狸庵山人(こりあんさんじん)」の雅号を名乗り、ぐうたらを軸にしたユーモアに富むエッセイも多く手掛けた。
無類の悪戯好きとしても知られ、全員素人による劇団「樹座」や素人囲碁集団「宇宙棋院」など作家活動以外のユニークな活動を行う一方で、数々の大病の体験を基にした「心あたたかな病院を願う」キャンペーンや日本キリスト教芸術センターを立ち上げるなどの社会的な活動も数多く行った。
『沈黙』をはじめとする多くの作品は、欧米で翻訳され高い評価を受けた。グレアム・グリーンの熱烈な支持が知られ、ノーベル文学賞候補と目されたが、『沈黙』のテーマ・結論が選考委員の一部に嫌われ、『スキャンダル』がポルノ扱いされたことがダメ押しとなり、受賞を逃したと言われる。
狐狸庵先生などと称される愉快で小仙人的な世間一般の持つ印象とは異なり、実物の遠藤周作は、おしゃれで痩身長躯すらりとした体つき(戦後間もない時代に183cm)の作家であり、豪放磊落開放的な態度で一般とも接するのを常としていた。

遠藤周作新刊

  • 発売日
    2017年9月24日
  • 書名
    生きる勇気が湧いてくる本
  • 発売日
    2017年7月21日
  • 書名
    ルーアンの丘[増補新版]
  • 発売日
    2017年6月23日
  • 書名
    P+D BOOKS 決戦の時 上・下巻 合本版 P+D BOOKS合本版

受賞歴

遠藤周作関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

遠藤周作関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

syousetu_meigen一人の人間が死んだというのに、外界はまるでそんなことがなかったように、先程と同じ営みを続けている。あなたは今、あの片眼の百姓が――あなたのために――死んだということを知っておられる筈だ。なのに何故、こんな静かさを続ける。(沈黙/遠藤周作)
dessinatrice001司祭は殉教するためにあるのではなく、このような迫害の時期には教会の火を消さぬために生き続けねばならぬのです。遠藤周作『沈黙』
h_kanokonしかし「沈黙」。うろ覚えだけど、小説の後書きで遠藤周作自身が「日本人キリスト者としてのキリスト理解であって、外国の人にはわかってもらえないかもしれない」みたいなことを書いていたような。学生のころに読んだものだから、確かではないんだけど。(続く)
wald4windフローラルフローラブやってたら遠藤周作の沈黙読みたくなってスパイダーマンの2ndリブートがほんと残念に思えてきたしcivやりたい
Sotelo1624戻りました。口之島を出て四日目、ハポンを今、眼前にしています。主のために征服すべきハポンを(遠藤周作『侍』454)
God_meigen現実は神の不在か、神の沈黙か、神の怒りを暗示するだけで、そのどこに「愛」がかくれているのか、我々を途方に暮れさせるだけだ。(遠藤周作)https://t.co/N1IBmPNYBz #名言 #神 #神様 #god
shuukyou_meigen一人の女に幻滅し、彼女と別れようとしても別れられぬ男の心がこのユダの心理に幾分は似ているかもしれぬ。(遠藤周作)【名言ナビ】 https://t.co/dqkAtbF6n0 #meigen #名言 #宗教 #信仰
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
遠藤周作さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)