トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 町田康

町田康

町田康さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

町田 康(まちだ こう、1962年1月15日 - )は日本の小説家・ミュージシャン。旧芸名は町田 町蔵(まちだ まちぞう)。本名は町田 康(まちだ やすし)。
大阪府堺市出身。1981年、バンド「INU」のボーカリストとしてアルバム『メシ喰うな!』で歌手デビュー。同バンド解散後もさまざまな名義で音楽活動を続けるかたわら、俳優としても多数の作品に出演。1996年には処女小説『くっすん大黒』で文壇デビュー。2000年に小説『きれぎれ』で第123回芥川賞受賞。以後は主に作家として活動している。
=
中学時代より友人の影響でロックミュージックに興味を持ち始める。大阪府立今宮高等学校在学中の1977年、セックス・ピストルズに触発され、「腐れおめこ」を結成、町田町蔵 (まちだ まちぞう)と名乗り歌手活動を開始する。1979年に林直人の加入によってバンドはINUへ発展、幾度かのメンバー交代を経て1981年に『メシ喰うな!』でメジャーデビュー。当時町田は19歳であった(バンドの結成年とデビュー年を混同して17歳とする資料は誤り)。INUはパンクというよりもパブリック・イメージ・リミテッドなどのポストパンクを思わせるノイジーで破壊的なサウンドをもって、土俗的かつ脱力的なユーモアのあふれる独特の日本語詞による音楽性を展開したが、デビューから3ヶ月程で解散。
その後本人の中でロック、或いはパンクロックに対する懐疑的な意識のようなものが芽生えたらしく、既存のロックに依存する聴衆に対する挑発と取れるようなライブ活動に終始し、90年代に至るまで音楽性は二転三転した。この時期の町田は、新たにバンドやユニットを作っては解散を繰り返した。知られている主なものに「FUNA」、「人民オリンピックショウ」、「絶望一直線」、「町田町蔵 FROM 至福団」(元INUの北田昌弘、元タコの山崎春美とのユニット)、「愛慾バンド」、「天井天国」、「淫如上人&ミラクルヤング」、「町田町蔵(康)+北澤組」、「町田町蔵バンド」「グローリー(The Glory)」などがある。これらのほとんどは音源製作に至ることなく中絶されている。下記のディスコグラフィを参照。
1997年の『脳内シャッフル革命』以降、長らく活動の重点を執筆に移しており、散発的にライヴを行いながら自身のソロバンドやミラクルヤング名義でインディ流通の作品を発表する程度であったが、2010年に13年ぶりのフルレングス・アルバム『犬とチャーハンのすきま』を発表した。
2016年、バンド「汝、我が民に非ズ(なんじわがたみにあらず)」を結成。東京都内を中心に、月一回以上のライブを行なっている。2018年にファーストアルバム『つらい思いを抱きしめて』、2019年にセカンドアルバム『もはや慈悲なし』、2020年に3枚目のアルバム『汝我が民に非ず』を発表。

受賞歴

町田康関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

町田康関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

juntogawaoffice戸川純最新エッセー集「ピーポー&メー」 https://t.co/1x0mvzrAsT〈追悼〉蜷川幸雄〈追悼〉遠藤賢司遠藤ミチロウ町田康三上寛ロリータ順子久世光彦Phew
brat0528ナイス 【屈辱ポンチ (文春文庫)/町田 康】「けものがれ、俺らの猿と」はなかなか手強かった。しかもなんかちょっとグロテスクで薄気味悪い。更に驚いたのが映画化もされているという(入手困難)。でも… → https://t.co/xFhKr1dDuR #bookmeter
hys3go俺の思想と言語が合一するとき俺は死ぬる。滅亡する。そもそもは横溢する暴力の気配を厭悪する感情に端を発した騒動であった。それが結果的に暴力を生む。豆を煮るのに豆殻を焚く。暴力の気配から逃れるために暴力を行使、その暴力がさらなる暴力を生む。因果なことだ。(町田康『告白』)
hachiro_eto #読書 #読了 町田康『夫婦茶碗』表題作と「人間の屑」の2篇を収録。なかなかとんでもないタイトルだが、中身もとんでもない。脱線に次ぐ脱線、というか、もはや何が本線で何が脱線かわからなくなるカオス的・トリップ的快感。… https://t.co/PRMnhMCIhR
sukinabunshouしばらく走ると、サンチュ畑の中にぴかぴかの百貨店があって、僕たちは自転車を降りて中に入っていった。僕たちはエスカレーターに乗って上へ上へと上がっていった。僕にちょうどいい背広があった。妻にちょうどいいブーツがあった。僕はボールペンを買って妻は安い指輪を買った。町田康「夫婦茶碗」
namusan_pou町田康が演じた阿部薫くらい面倒臭そうで可愛い
miyazakid“パンク歌手から芥川賞作家、そして唯一無二の文人へ。町田康、はじめての自分語り!”
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
町田康さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)