トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 片山杜秀

片山杜秀

片山杜秀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

片山 杜秀(かたやま もりひで、1963年8月29日 - )は、日本の政治学者、音楽評論家。慶應義塾大学法学部教授。専門は政治思想史。かつては本名の片山 素秀名義で執筆していた。
宮城県仙台市生まれ。父は広告代理店のサラリーマン。育ちは東京で、小学校から高校まで暁星小学校・中学校・高等学校に通う。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、同大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。慶應では蔭山宏に師事。ただし大学院修士課程は慶應ではなく、橋川文三を慕って明治大学に行っている。専攻は政治思想史。学部時代は許光俊、宮崎哲弥と親しく、共に三田レコード鑑賞会に所属。クラシック音楽の話題に興じ、山本薩夫監督の映画『戦争と人間』ごっこなどをして遊んだという。その後、宮崎とは2000年にクラシック音楽専門誌『グラモフォン・ジャパン』(新潮社)の9月号巻頭で「僕らの時代のフルトヴェングラー」という対談をおこなっている。また、弁論部にも所属した。また後年に、原田力男主宰の「零の会」同人。2008年慶大法学部政治学科准教授(有期)。2011年、指導教授蔭山宏の定年退職と同時に、有期から専任となり三田キャンパスから日吉キャンパスに異動。2013年教授。2009年から2011年まで国際日本文化研究センター客員准教授。また2020年4月からは三原市芸術文化センター・ポポロの館長も務めている。
大学院時代からライター生活に入り、『週刊SPA!』のライター、『産経新聞』のクラシック音楽演奏会批評家、月刊誌『レコード芸術』のレギュラー執筆者などを務めた。特に『週刊SPA!』で1994年から2002年まで続いたコラム「ヤブを睨む」は、政治、歴史、思想史(右翼研究)、経済、演劇、映画、音楽、文学、スポーツなど、幅広い内容で人気を得た。この400回以上のコラムは2010年に単行本化された。同時期には、ビジネス誌『ベンチャークラブ』に日本近代珍商売紹介、アニメ誌『MEGU』に新作洋画レヴュー、映画誌『プレミア』に「幻の日本映画探検隊」、『CDジャーナル』に「世紀末現代音楽講釈」など、10本以上の連載を抱えた。現在は『朝日新聞』の文芸時評とクラシック音楽評を担当する。また、吉田秀和賞と大宅壮一ノンフィクション賞と小林秀雄賞とサントリー音楽賞の選考委員を務める。2009年から2010年には読売新聞の読書委員を務めた。
思想史研究者としては、「中今」の概念、安岡正篤、三井甲之などを取り上げ、原理日本社を再検討する一部学界の動向に影響を与えた。音楽評論家としては、伊福部昭の再評価、大澤壽人の楽譜発掘、ナクソス・レーベルの日本作曲家選輯の企画構成などを行い、日本近代音楽史の読み直しをはかっている。またローム・ミュージック・ファンデーションによる戦前・戦中の日本のSPレコード復刻CD化に際して膨大な量の研究解説を執筆している。

受賞歴

片山杜秀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

片山杜秀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ggbot_対位法を重視した演奏解釈で活躍し、ジャンルを超えて支持されるピアニスト(作曲、指揮、執筆も)のバッハを中心にした総特集。増補は片山杜秀と柴田南雄。『増補新版 グレン・グールド--「ゴルトベルク」遺作録音30年』https://t.co/kMX3vehYj8
roumanha2充足してはロマンは終わる。憧れの対象を抱き締められないし、抱き締めてはならない。でも抱き締めたいと願わずにはいられない。不可能と察して諦めてしまってもロマン派にはならない。不可能な事柄に本気で思いを募らせ続けるのがロマン派である。『わが万葉集』解説/片山杜秀
sdnfv片山杜秀の「未完のファシズム」も読めば軍の暴走から程遠いと判る。東條は首相,陸相,内相だけでなく参謀総長兼務するもナチスみたいな独裁は出来ず新聞に煽られた世論に引きずられた。コロナで世論に抗えない政府が未だ過剰対策やってるのも同じ… https://t.co/sYdE2mNIIO
wellwellbeing1【変な、滑稽な、元号制定だった】抑えられなかった「第2の将軍」の勝手振る舞い。民主主義では許せない。 原武史氏、片山杜秀氏 https://t.co/iMF3kllapP
gooddaygoodday7対立が先鋭化し、言論空間のあらゆる場所で「市街戦」が展開されるような状況になった時、誰がをれを収拾できるのか。(読売新聞2018年10月2日・慶応大教授・片山杜秀さん)https://t.co/osCpBMZqc8 #新潮45 #言論 #対立 #メディア #片山 #ことば
o96n3@Mahler_Anton 片山杜秀氏によると、シューベルト⇒ブルックナー⇒ミニマルミュージック、と続く流れがあるとのこと。果てしない反復が時間感覚を麻痺させる...、うーん分かる気がしますw。ちなみに私が一番好きなのはショルティの手兵CSOをレヴァインが指揮した音源です。
consaba『現代語訳 近代日本を形作った22の言葉』片山杜秀、荻上チキ(朝日新聞出版)大日本帝国憲法やポツダム宣言など、日本の近現代に影響を与えた文書や宣言を現代語訳で紹介し、解説。https://t.co/c0qRMBeA0Chttps://t.co/bYtok6EThR
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
片山杜秀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)