トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 赤坂真理

赤坂真理

赤坂真理さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

赤坂 真理(あかさか まり、1964年5月13日 - )は、日本の小説家。
東京都杉並区高円寺出身。吉祥女子高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。ボンデージファッションと思想の雑誌「SALE2(セール・セカンド)」の編集長をつとめる。
1995年、「起爆者」で小説家デビュー。1999年、『ヴァイブレータ』が第120回芥川賞(1998年下半期)の候補となる。2000年、『ミューズ』が第122回芥川賞(1999年下半期)の候補となる。『ミューズ』、第22回野間文芸新人賞受賞。2003年、『ヴァイブレータ』は廣木隆一監督、荒井晴彦脚本、寺島しのぶ主演で映画化された。2012年、『東京プリズン』により第66回毎日出版文化賞、第16回司馬遼太郎賞受賞。2013年、同作により第23回紫式部文学賞受賞。
現在、文化学院総合芸術学科文芸コース講師を務める。

赤坂真理新刊

  • 発売日
    2019年2月13日
  • 書名
    箱の中の天皇

受賞歴

赤坂真理関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

赤坂真理関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

BIBLIOTHEQUEa【『東京プリズン』から6年。発売前より各紙話題騒然、衝撃の天皇小説。平成天皇に退位の真意を問い「おそるべき力業(毎日新聞)と絶賛!マリとアメリカの戦いがいま始まる!】赤坂真理『箱の中の天皇』https://t.co/p3vl02gUbp
SAC_soka赤坂真理『愛と暴力の戦後とその後』講談社現代新書「戦後レジームからの脱却」を掲げるアベ政治だが、脱却すべき戦後日本とは何だったのか。本書は作家が自分史を振り返りながら戦後日本の特色を「愛と暴力」と読み解く。建前は時として暴力と機能する。建前さえ一切ないアベ政治はむき出しの暴力だ
MeigenWAN家族が箱に入って暮らしていた。でもそれは、誰かが他の家族から来て、できた家族。そしてその家族からも、誰かが出て行く。その誰かとは、たいてい女だ。私と母は、別れる。(赤坂真理『東京プリズン』)
kiyoshikasai光文社の電子雑誌「ジャーロ」68号の連載時評で赤坂真理『箱の中の天皇』を取り上げ、平成天皇制について論じました。明仁天皇の「護憲」的発言の意味を問うことなく、それを礼讃する戦後民主主義派の論調を批判的に検討しています。諸般の事情で、小説は今回休載としました。
ScriptaManent66自由の、なんという孤独。(赤坂真理)https://t.co/hELCPGh284
smileschang赤坂真理「箱の中の天皇」~彼女が天皇(制)をどう描くのか、非常に興味深く読んだ。平成天皇の「生前退位会見」を一つの軸に、おそらく彼女自身の家族の変遷を織り交ぜながら、様々に時空や人物を飛び交う一種幻想的な世界。天皇という存在をある種の「箱」のように捉え、さらに仏教思想の
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
赤坂真理さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)