トップページ > 公募ではない賞一覧 > 泉鏡花文学賞 > 1991年−第19回 泉鏡花文学賞

泉鏡花文学賞

1991年−第19回 泉鏡花文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

泉鏡花文学賞(いずみきょうかぶんがくしょう)は、泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表され、受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として八稜鏡、副賞として100万円(2017年現在)が授与される。併設されている賞として泉鏡花記念金沢市民文学賞があり、金沢市に地縁のある者のみが選考対象となる。
対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、第30回の野坂昭如のように作家個人の業績も選考に含まれることがある。第16回の吉本ばななのようにデビューしたばかりの新人が受賞することもあれば、第39回の瀬戸内寂聴のようにベテランが受賞することもある。

第19回—1991年

その他の回のデータ(全データ一括表示

泉鏡花文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

泉鏡花文学賞関連つぶやき

kyotaro0724うん、頑張るよ僕はやっぱり作家になりたい泉鏡花文学賞を手に入れるその為に歩み続け進み続けるそれが何十年でもいい九十歳とかそのくらいになっても良いよそれでも僕は貴方の側で眠りたいから
yoshiki7111瀬戸内寂聴さんが89歳で泉鏡花文学賞に輝いた短編小説集「風景」の単行本の帯には「最後の自伝的小説」の文字が躍った。しかし、90代も寂聴さんは書きに書い ...リンク:https://t.co/letbHFlM6kタ グ:#人生
kumamotomysteryこれは読み易そう。泉鏡花文学賞のだよね https://t.co/v7kCXpYuSF
ISOGAI_1第1回泉鏡花文学賞受賞作品の森内俊雄『翔ぶ影』(1972 角川書店)読了。文庫は1978。6篇収録。うち「春の往復」は第62回芥川賞候補(候補は4回目)。推薦文に吉行淳之介が「モトデがかかっている」と書いてますが、著者は当時30代… https://t.co/bkV1zNAo6K
kurisunasan筒井先生が泉鏡花文学賞を受賞した虚人たちという作品があってだなhttps://t.co/aZZkvSWFbi
mirei_taishi泉鏡花文学賞の選考委員の綿谷先生と金井先生の本が届きました!どっちも面白そうだけどしばらくは読む時間なさそう
yurubngkbot泉鏡花文学賞泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表されている。対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、作家個人の業績も選考に含まれることがある。1973年(S48)~現在
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)