トップページ > 公募ではない賞一覧 > 泉鏡花文学賞 > 1997年−第25回 泉鏡花文学賞

泉鏡花文学賞

1997年−第25回 泉鏡花文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

泉鏡花文学賞(いずみきょうかぶんがくしょう)は、泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として八稜鏡、副賞として100万円(2017年現在)が授与される。併設されている賞として泉鏡花記念金沢市民文学賞があり、金沢市に地縁のある者のみが選考対象となる。
対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、第30回の野坂昭如のように作家個人の業績も選考に含まれることがある。第16回の吉本ばななのようにデビューしたばかりの新人が受賞することもあれば、第39回の瀬戸内寂聴のようにベテラン(
しかも、24年前まで15年間選考委員だった)が受賞することもある。

第25回—1997年

受賞

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

泉鏡花文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

泉鏡花文学賞関連つぶやき

yurubngkbot泉鏡花文学賞泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表されている。対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、作家個人の業績も選考に含まれることがある。1973年(S48)~現在
mos___nightかなたの子/角田光代 #読了読書にマンネリを感じると泉鏡花文学賞から選びます。生と死についての残酷であり美しい作品の短編集。輪廻転生について思いを馳せずにはいられません。表題の『かなたの子』は亡くなった子供が語りかけてくる話。 https://t.co/jonBDSJHRU
An_nandeya_bot[語]第1回は半村良と森内俊雄が受賞した、金沢市が主催する文学賞は何文学賞? 泉鏡花文学賞 *半村良『産霊山秘録』、森内俊雄『翔ぶ影』。正賞として八稜鏡が授与される
syohyomachine「ヒナギクのお茶の場合/海に落とした名前」(多和田 葉子著@講談社)朝日新聞8/22照明係の仕事を、重いコードを毎日百回引きずって獲得したパンクな女性舞台美術家と作家の交流を描く「ヒナギクのお茶の場合」(泉鏡花文学賞)など全米… https://t.co/VnHHhVkn7E
yaso_peyotl『小鳥たち』山尾悠子 文 中川多理 人形・写真第46回泉鏡花文学賞受賞作家 山尾悠子の最新作!あらたな領域に踏み入る記念碑的小説。小説と人形が織りなす奇蹟の幻想譚。好評発売中!… https://t.co/VMA9zxDqYU
kous37澁澤龍彦は小説家というイメージは私はあまりないのだが、賞をとっているのは二つとも小説なのだな。「唐草物語」で泉鏡花文学賞、「高丘親王航海記」で読売文学賞。
kappa_koubou@SaigusaGentaro ググったら森 万紀子は、日本の小説家。本名・松浦栄子。 ウィキペディア生年月日: 1934年12月19日死亡: 「1992年11月17日」書籍: 吉田知子/森万紀子/吉行理恵/加藤幸子、 悪… https://t.co/qbJ4WMz6Qy
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)