トップページ > 公募ではない賞一覧 > 泉鏡花文学賞 > 2009年−第37回 泉鏡花文学賞

泉鏡花文学賞

2009年−第37回 泉鏡花文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

泉鏡花文学賞(いずみきょうかぶんがくしょう)は、泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表され、受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として八稜鏡、副賞として100万円(2017年現在)が授与される。併設されている賞として泉鏡花記念金沢市民文学賞があり、金沢市に地縁のある者のみが選考対象となる。
対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、第30回の野坂昭如のように作家個人の業績も選考に含まれることがある。第16回の吉本ばななのようにデビューしたばかりの新人が受賞することもあれば、第39回の瀬戸内寂聴のようにベテランが受賞することもある。

第37回—2009年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

泉鏡花文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

泉鏡花文学賞関連つぶやき

yurubngkbot泉鏡花文学賞泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表されている。対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、作家個人の業績も選考に含まれることがある。1973年(S48)~現在
kindaibungaku046.【泉鏡花】デビュー作の評価は低かったが、師である尾崎紅葉の元で力をつけ『夜行巡査』『外科室』で注目される。主題を明白に示す観念小説から、怪奇趣味に彩られた浪漫的作風に転じ、『高野聖』など独自の美的世界観を構築した。生誕百年の1973年には泉鏡花文学賞が創設された。
kodanshabunko川上弘美著『大きな鳥にさらわれないよう』遠い未来、衰退の危機を認めた人類は「母」のもと、それぞれの集団どうしを隔離する生活を選ぶ。異なる集団の人間が交雑することにより、新しい遺伝子を持ち、進化する可能性がある人間の誕生に賭けーー。… https://t.co/ARO6btj6Np
skri1211横尾忠則さんって小説も書かれてるんだなあ。しかも泉鏡花文学賞を受賞されている。
13167872wer@ryomichico ご返信いただきありがとうございます。おっしゃるとおりの方法しか読むことができないかもしれません。ところが、ロマンの薫り高い作品を対象とする泉鏡花文学賞に選ばれ、ほぼ二十年たっても文庫化または電子書籍化されていないっておかしいですな。
tadanoriyokoo「ぶるうらんど」は泉鏡花文学賞受賞作品で、死後の生活が舞台になっています。「原郷の森」の姉妹篇ってとこです。https://t.co/iWHt6bhLq9
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)