トップページ > 公募ではない賞一覧 > 泉鏡花文学賞 > 歴代受賞情報一覧

泉鏡花文学賞

泉鏡花文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

泉鏡花文学賞(いずみきょうかぶんがくしょう)は、泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表され、受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として八稜鏡、副賞として100万円(2017年現在)が授与される。併設されている賞として泉鏡花記念金沢市民文学賞があり、金沢市に地縁のある者のみが選考対象となる。
対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、第30回の野坂昭如のように作家個人の業績も選考に含まれることがある。第16回の吉本ばななのようにデビューしたばかりの新人が受賞することもあれば、第39回の瀬戸内寂聴のようにベテランが受賞することもある。

第40回2012年

受賞

第39回2011年

受賞

受賞

第38回2010年

第37回2009年

受賞

第36回2008年

受賞

第35回2007年

受賞

第34回2006年

受賞

第33回2005年

第32回2004年

受賞

第31回2003年

受賞

受賞

第30回2002年

第29回2001年

受賞

受賞

第28回2000年

第27回1999年

第26回1998年

第25回1997年

受賞

受賞

第24回1996年

受賞

受賞

第23回1995年

受賞

第22回1994年

受賞

  • 該当なし

第21回1993年

受賞

第20回1992年

受賞

受賞

第19回1991年

第18回1990年

受賞

第17回1989年

受賞

第16回1988年

受賞

第15回1987年

受賞

第14回1986年

受賞

第13回1985年

受賞

第12回1984年

受賞

第11回1983年

受賞

受賞

第10回1982年

受賞

第9回1981年

受賞

受賞

第8回1980年

受賞

第7回1979年

受賞

受賞

第6回1978年

受賞

第5回1977年

受賞

受賞

第4回1976年

受賞

第3回1975年

受賞

第2回1974年

受賞

第1回1973年

受賞

受賞

泉鏡花文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

泉鏡花文学賞関連つぶやき

bungakkan6つの短編から成る『陽だまりの果て』大濱普美子さんに泉鏡花文学賞 50回目の節目の受賞者に (石川テレビ)|| 金沢市が主催する泉鏡花文学賞。50回目となる節目の受賞者が29日夜決... https://t.co/jCbNznZlBC
asahi_kanazawa泉鏡花文学賞に大濱普美子さん 「鏡花の世界と似通う」と高い評価 https://t.co/Kd7aP3YxOt
NEWS23tokyo6つの短編から成る『陽だまりの果て』大濱普美子さんに泉鏡花文学賞 50回目の節目の受賞者に https://t.co/iVwgBjJ96m
FNN_News6つの短編から成る『陽だまりの果て』大濱普美子さんに泉鏡花文学賞 50回目の節目の受賞者に #FNNプライムオンライン #石川テレビ https://t.co/OABKXe7NYr
izumikyokamuse泉鏡花文学賞に大濱普美子さん「陽だまりの果て」 生と死に関わる短編集 https://t.co/02ZsxEB27a
YamachikaT筆者の好きな文学者の泉鏡花の文学記念賞が、今日9月3日、50周年を迎えた。日本の伝記小説の名人、泉鏡花の作品は若いころ感銘を受けた。読書の秋、又、タイトルとは全く別の小説であった「高野の聖」などを読み返そうと思っている。秋の夜長の… https://t.co/7ZR8UeADLs
regenschrm泉鏡花文学賞に大濱普美子さん:朝日新聞デジタル https://t.co/i9LbY0ba7U
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)