トップページ > 公募ではない賞一覧 > 山本周五郎賞 > 2013年−第26回 山本周五郎賞

山本周五郎賞

2013年−第26回 山本周五郎賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

山本周五郎賞(やまもとしゅうごろうしょう)は、日本の文学賞。

第26回—2013年

受賞

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

山本周五郎賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山本周五郎賞関連つぶやき

raisen_bot2_qmaNo.61 次の文学賞と、その主催者の正しい組み合わせを選びなさい⇒谷崎潤一郎賞―中央公論新社、山本周五郎賞―新潮文芸振興会、大佛次郎賞―朝日新聞社
rairen_bot1:ある作家の名前を冠した文学賞 2:1988年に創設 3:「小説新潮」に発表 4:第一回受賞者は山田太一 A:山本周五郎賞
ariaketosa佐々木敦『絶体絶命文芸時評』、文学賞のくだりが面白い。吉田修一は『パークライフ』で02年に芥川賞受賞、同年『パレード』では山本周五郎賞受賞。こうした捻じれは結構あって、宮内悠介は「直木賞→直木賞→山周賞→芥川賞→三島賞(受賞)→直木賞→芥川賞→今ココ」(三島賞以外全部「候補」)。
yomyom_book【重松 清】(1963年3月6日)。日本の作家。小説で取り上げられることの少なかった学校でのいじめや不登校、家庭崩壊と子供など、現代の社会問題・教育問題・家庭問題の中で、ルポルタージュばりの鋭い切り口で、一躍注目を浴びるようになる。山本周五郎賞、講談社ノンフィクション賞選考委員。
QMA_Mys_Bot2[タイピング]2007年に山本周五郎賞を受賞した恩田陸の小説は『○○の出来事』? → 中庭
yurubngkbot山本周五郎賞主に大衆文学・時代小説の分野で昭和期に活躍した山本周五郎にちなみ、すぐれた物語性を有する小説・文芸書に贈られる文学賞である。主催は新潮文芸振興会、後援は新潮社。略称は主に「山本賞」や「山周賞」と呼ばれている。1988年(S63)~現在
mys_sus_bot【連想】伊坂幸太郎の小説堺雅人の主演で映画化主人公は青柳雅春本屋大賞、山本周五郎賞を受賞→『ゴールデンスランバー』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)