トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小野不由美

小野不由美

小野不由美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小野 不由美(おの ふゆみ、1960年12月24日 - )は、日本の小説家、同人作家。女性。
大分県中津市出身、京都市在住。血液型はO型。夫は推理作家の綾辻行人。代表作はテレビアニメ化された『悪霊シリーズ』、『十二国記シリーズ』
1960年(昭和35年)12月24日、大分県中津市に生まれる。1976年、大分県立中津南高等学校に入学。アニメーション&漫画研究部を設立、初代会長を務めていた。
1979年、大谷大学文学部仏教学科に入学する。目標を見失うが、大学時代に書いた小説を読んだ編集から小説を書かないかと誘われる。それまで小説家になろうと積極的に考えたことはなかったという。1988年、『バースデイ・イブは眠れない』で講談社X文庫ティーンズハートからデビューする。1989年、悪霊シリーズ第1作『悪霊がいっぱい!?』を発表。足掛け5年つづく人気シリーズとなり、後にコミック化、テレビアニメ化された。1992年、十二国記シリーズの第1作『月の影 影の海』を発表。著者の代表作となるが2016年現在も未完。
1993年、『東亰異聞』が第5回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作になる。後に新潮社より刊行。1996年、『図南の翼』が「本の雑誌」のベスト10に選出。北上次郎が週刊誌の書評欄で絶賛するなど、少女小説の範疇を越えて注目を集める。1998年、原稿用紙3500枚の大作である『屍鬼』を発表。ベストセラーとなり、世間に広く名が知られるようになる。1999年、『屍鬼』が第12回山本周五郎賞、日本推理作家協会賞の候補作になる。2010年、悪霊シリーズが、メディアファクトリーより『ゴーストハント』として刊行スタートする。全面的に改稿され、題名も変更された。2012年、『十二国記』が、新潮文庫に版元を変えて刊行スタートする。一部テキストにも手が加えられている。2013年6月には、12年ぶりのシリーズ最新作となる短篇集『丕緒の鳥』が出版される。書き下ろしの新作も続刊。講談社版とあわせて約800万部のベストセラーとなる。2013年5月、『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞する。

小野不由美新刊

  • 発売日
    2019年11月9日
  • 書名
    白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫)
  • 発売日
    2019年10月12日
  • 書名
    白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)
  • 発売日
    2019年10月12日
  • 書名
    白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫)

受賞歴

小野不由美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小野不由美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tsunamayo_oisii窓際の死神/柴田よしき箪笥のなか/長野まゆみ残穢/小野不由美ネバーランド/恩田陸
boyofthegospelSexyZoneというアイドルを小野不由美が的確に表現してる https://t.co/ZdRbi9T7Ma
sakaki963地元の書店に#小野不由美『#十二国記』新作発売に備えて日めくりカウントダウンやってた!なかなか気合い入れて凝ってるw https://t.co/QvhP1GF8yf
ryu180522最初、魔性の子は完全にホラー小説で、いつもの小野不由美様のホラー小説の一作品なんだと思われてたからね。誰がこんなファンタジー小説と世界がリンクしてるだなんて思うかってww
lamudan古くはギリシャ神話から始まり、ポーやラヴクラフト、トルーキン、澁澤龍彥、江戸川乱歩などが私の読書の根源になっているのだと思う。それから長い長い旅をして、永野護や高殿円や小野不由美に辿り着いた。次は何処に向かえるのだろう?#読書
yuko_iwasawa4.東亰異聞マニアックなところに来てしまった。小野不由美さん原作の大正ロマンです。梶原にきさんが絵を描いているのですが、どちらも好きなわたしには最高のごちそうです。古いマンガですが、いまだに読み返しちゃう。
Rcosun小野不由美「図南の翼」十二国記シリーズみんな好きなんですがこの作品は読んでて元気になれるところが好きです。珠晶ちゃんかわええ……そして強い……まっすぐすぎるぐらいまっすぐな主人公にとてもひかれます。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小野不由美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)