トップページ > 公募ではない賞一覧 > 谷崎潤一郎賞 > 1966年−第2回 谷崎潤一郎賞

谷崎潤一郎賞

1966年−第2回 谷崎潤一郎賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

谷崎潤一郎賞(たにざきじゅんいちろうしょう)は、中央公論社が1965年の創業80周年を機に、作家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。中央公論新人賞(1956年開始)を発展解消させる形で開始された(なお、中央公論新人賞は1975年に復活し20年間続いた)。
時代を代表する優れた小説・戯曲を対象とし、発表は年1回、受賞作発表と選評の掲載は『中央公論』誌上で行われる。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として時計、副賞として100万円が授与される(なお、当初の正賞は賞牌で、副賞は第15回まで50万円だった)。

第2回—1966年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

谷崎潤一郎賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

谷崎潤一郎賞関連つぶやき

yurubngkbot谷崎潤一郎賞中央公論社が1965年の創業80周年を機に、作家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。時代を代表する優れた小説・戯曲を対象とし、発表は年1回、受賞作発表と選評の掲載は『中央公論』誌上で行われる。1965年(S40)~現在
An_nandeya_bot[語]1958年から62年の間に4度もノーベル文学賞の候補になっていたという、『細雪』などの代表作で知られる日本の作家は誰? 谷崎潤一郎
bibun_n_botNo.130 (エフェ)小説「帰らざる夏」で谷崎潤一郎賞を受賞しました⇒かがおとひこ(加賀乙彦)
u_nya_qma第1回谷崎潤一郎賞を受賞した小島信夫の小説です
loggia52今日は「第31回富田砕花賞」の授賞式で芦屋市へ。会場の市立図書館の隣は「谷崎潤一郎記念館」。文官石人が出迎えてくれる。 https://t.co/jfkbf0bHpY
eiji20170924@nhk_news 大江健三郎がノーベル賞を受けた際、日本文学の二大潮流は大岡昇平・埴谷雄高・自分と、谷崎潤一郎・川端康成・三島由紀夫で、其々が授与されたとNHKで述べていた。天皇から与えられる文化勲章を辞退した大江にして、その実… https://t.co/3u3NEax9IF
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)