トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小島信夫 > うるわしき日々

うるわしき日々(小島信夫)

うるわしき日々(著者:小島信夫)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:うるわしき日々 (講談社文芸文庫)
  • 著者:小島 信夫
  • ページ数:416
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:406198246X
  • ISBN-13:9784061982468

うるわしき日々関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

小島信夫のその他受賞歴(候補含む)

うるわしき日々関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

benjononaisekai打って変わって小島信夫『うるわしき日々』読み始めたけど、村上春樹読んでたときと「重力」が違いすぎて読むのめっちゃ遅くなる
book_radio『うるわしき日々』(講談社) - 著者: 小島 信夫 - 高橋 源一郎による書評 https://t.co/IdxyTWPb2Z (書評サイトALL REVIEWSより) https://t.co/Go5X7nmMgB
allreviewsjp【新着】「「綻ぶ」こともまた小説ではないかと示唆」『うるわしき日々』(講談社) - 著者:小島 信夫 - 高橋 源一郎@takagengenによる書評 ALL REVIEWS #書評 https://t.co/7MbKditHcS
onet40s今日は小島信夫「うるわしき日々」もよみ終わった。ずっとちまちまよんでいたが、今日は喫茶店に4時間ほどこもり、終わりの200ページぐらいを一気によんだ。ページをめくる手が止まらない、とかではなく、あまりに息苦しく、泥水から這い上がろうとするように必死でよむ。「抱擁家族」もそうだった
bouhateibooks開店しています。クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬といった空気の月曜日。今日は文庫で、E.O.ウィルソン『人間の本性について』、小島信夫『うるわしき日々』『残光』、シマック『都市』などを出してます。本日も20時までの営業… https://t.co/HPAEOcDTM7
moji_ka保坂和志氏の「読んで「小説ってすげ〜」ってことしか残らない芸術作品」を称揚する批評が「自家中毒への道」にあるとする荒木優太氏の批判に賛同する。今となっては恥ずかしいことに卒論は小島信夫『うるわしき日々』を扱ったが、当時から保坂氏の小島評は小島を貧しくするものと鬱陶しく感じていた。
shinnotofu#名刺代わりの小説10選ラクロ/危険な関係ドストエフスキー/カラマーゾフの兄弟谷崎潤一郎/蓼喰ふ虫永井荷風/濹東綺譚古井由吉/妻隠村上春樹/風の歌を聴けスティーヴン・キング/IT大江健三郎/燃えあがる緑の木小島信夫/うるわしき日々阿部和重/シンセミア
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)