トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小島信夫 > 抱擁家族

抱擁家族(小島信夫)

抱擁家族(著者:小島信夫)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:抱擁家族 (講談社文芸文庫)
  • 著者:小島 信夫
  • ページ数:296
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061960083
  • ISBN-13:9784061960084

抱擁家族関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小島信夫のその他受賞歴(候補含む)

抱擁家族関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

syondeko【小島信夫】1965年の第一回谷崎潤一郎賞を『抱擁家族』で受賞した作家。芥川賞も『アメリカン・スクール』で。岐阜県が彼の名を冠する文学賞を後援。ちゃんとした振りは後で。
derneueengel小島信夫『抱擁家族』読了。戦後日本を呪縛するアメリカの影と呪縛し続ける家父長制の物語。主人公の焦燥は理解できるが、共感はできない。21世紀日本は未だこれらの呪縛にますますはまり込んでいる。#読書レビュー https://t.co/uXHI6bSFRN
boid_bakuonKindle版「江藤淳全集」第11巻『全文芸時評Ⅱ 昭和三十七年・昭和四十年』発売!谷崎潤一郎「瘋癲老人日記」、梅崎春生「幻化」、小島信夫「抱擁家族」など、文芸雑誌が輝いていた1960年代の時評 https://t.co/bdu5oCsGME
ace_c8v49k@contramundy1210 英語をなるべく話したくないキャラや、アメリカ人に自分の英語力を見せつけたいというキャラなど面白い設定ですが、アメリカに対する劣等感は初期小島信夫の主題だと思いました。『抱擁家族』も妻が米兵に寝取られる話ですし。
benjononaisekai『抱擁家族』再読。小島信夫の文章はちゃんと理解するには沢山の言葉が欠けているから呑み込みに時間がかかるけど逆に言うと小島信夫が書いているその一瞬一瞬で大切だと思った事しか書いていないということなのか。その「欠けている」感じが滑稽でもあるし悲しくもある。
alworldwentawayチェーホフのダイアローグってその場全員が「私も私も!」ってバラバラの方向に喋っているのにうまく成立していて、小島信夫にもそういう変なグルーヴがあるよね。抱擁家族とかで。
sakuyashirono『抱擁家族』小島信夫妻の浮気から崩壊していく家族。それをどうにか建て直そうとする主の儘ならぬ日々。シェイクスピアの『避けることができないものは抱擁してしまわなければならない』という言葉が頭を過ります。喜劇を見せられたような読後… https://t.co/SiffeWc3kS
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)