トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 京極夏彦 > 覘き小平次

覘き小平次(京極夏彦)

覘き小平次(著者:京極夏彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:覘き小平次
  • 著者:京極 夏彦
  • ページ数:413
  • 出版社:中央公論新社
  • ISBN-10:4120033082
  • ISBN-13:9784120033087

京極夏彦新刊

  • 発売日
    2019年12月24日
  • 書名
    文庫版 オジいサン (角川文庫)
  • 発売日
    2019年12月19日
  • 書名
    怪と幽 vol.003 2020年1月 (カドカワムック 805)
  • 発売日
    2019年11月29日
  • 書名
    地獄の楽しみ方 17歳の特別教室

覘き小平次関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

京極夏彦のその他受賞歴(候補含む)

覘き小平次関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mys_sus_bot【順番当て】次の作家・京極夏彦の古典改作シリーズの作品を単行本の刊行順に選びなさい『嗤う伊右衛門』→『覘き小平次』→『数えずの井戸』
seizan_bot他人と関わろうと思う方が如何かしている。/本当に如何かしている。(京極夏彦『覘き小平次』角川文庫、176頁)
QMA_Mys_Bot1[順当て]次の作家・京極夏彦の古典改作シリーズの作品を単行本の刊行順に選びなさい → 『嗤う伊右衛門』→『覘き小平次』→『数えずの井戸』 ※この3作品だけ!元となった作品との線結びもあります(伊右衛門→『東海道四谷怪談』、覘き→『復讐奇談安積沼』、井戸→『番町皿屋敷』)。
sinkuutei『怪異談 生きてゐる小平次』や京極夏彦の小説『覘き小平次』などで、あらましを知る事が出来るけれど、それらがアニメ好きの必見必読案件かというとどうも違う様な気がするから、これはやはり「視聴者は落語の『生きている小平次』を聴いているべき」という強い信念の顕れなのだろう。凄い事である。
kimoti_P「覘き小平次」京極夏彦さんの長編。代表作の一つ「嗤う伊右衛門」同様、古典怪談をアレンジした作品で、他の芝居はサッパリ駄目だけど幽霊芝居だけは右に出るものがいない陰気な役者・小平次を中心に、登場人物それぞれが抱える過去や運命、情念が複雑に絡み合う。↓
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)