トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 1998年−第118回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

1998年−第118回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による(ただし、現在は下記のとおり、このカテゴライズは実質上、無効化している)大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、1970年代あたりから中堅作家中心に移行、近年では長老クラスの大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説でのデビュー後)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第118回—1998年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.11.23 作家の読書道 第212回:呉勝浩さん

    2015年に『道徳の時間』で江戸川乱歩賞を受賞、2018年には『白い衝動』で大藪春彦賞を受賞。そして新作『スワン』が話題となり、ますます注目度が高まる呉勝浩さん。小学生のうちにミステリーの面白さを知り、その後は映画の道を目指した青年が再び読書を始め、小説家を目指した経緯は? 気さくな口調を脳内で再現しながらお読みください。

  • 2019.11.4 第36回さきがけ文学賞

    第36回さきがけ文学賞の最高賞・入選は、南部馬の歴史を題材にした浜矢スバルさん(46)=本名・主濱泰晴(しゅはまやすはる)、青森県野辺地町、CADオペレーター=の「奥州馬、最後の栄光」に決まった。

  • 2019.9.19 「芥川・直木賞」、新選考委員に松浦寿輝氏と角田光代氏

    日本文学振興会はこのほど、「芥川龍之介賞」の選考委員に松浦寿輝氏、「直木三十五賞」の選考委員に角田光代氏が就くことを発表した。これにより、「芥川賞」の選考委員は9人(男性6人・女性3人)、「直木賞」は同9人(男性4人・女性5人)となった。

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

bnstknowledge菊池寛は文藝春秋社の創設者。「文藝春秋」の創刊号巻頭には芥川の「侏儒の言葉」が載せられ、自殺するまで載せられ文藝春秋の成功に大いに貢献されたよ。また直木三十五も文藝春秋の売上に貢献したと言われ、2人がなくなると二人の人気作家のような人材を発掘するため「芥川賞」「直木賞」を作ったよ
naoki_syou株主総会の席上やその裏面で、命がけで暗躍する、財界の影武者ともいえる総会屋の老ボスを描く評判作。資本主義社会のからくり、陰謀などを、入念な考証に基づき、迫力あるスピード感と構成力で描く本格的な社会小説。直木賞受賞作『総会屋錦城』城山三郎
aomidoro2昭和40年/1965年・シミショウセクシー文学事件から、10年ほど後に改名した胡桃沢耕史。 - 直木賞のすべて 余聞と余分 https://t.co/IStk2yOJ8o 清水正二郎
Baku_baku_time@_O_tonashi_O_ 文才がありすぎて直木賞の候補になれるぞ。。。
cccbbabbccc【ゆる募】おすすめの小説:ジャンル問わず素人なのでとりあえず過去に直木賞受賞作品ばかり読んでます
QMA_Mys_Bot2[パネル]日本冒険小説協会大賞と直木賞を受賞した、作家・逢坂剛の代表作は『○○○○の赤い星』?[バデグィラドコカスル] → カディス ※『カディスの赤い星』の作者の四択や逢坂剛(おうさかごう)のエフェクトも出題されます
LS_slot_bot主人公・腐野花と養父・淳悟との禁断の愛を描いた,2008年に第138回直木賞を受賞した桜庭一樹の小説は?→私の男(同一リール:月と蟹、乳と卵、鷺と雪)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)