トップページ > 作家名一覧 > れから始まる作家名一覧 > 連城三紀彦 > 造花の蜜

造花の蜜(連城三紀彦)

造花の蜜(著者:連城三紀彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:造花の蜜
  • 著者:連城 三紀彦
  • ページ数:485
  • 出版社:角川春樹事務所
  • ISBN-10:4758411247
  • ISBN-13:9784758411240

造花の蜜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

連城三紀彦のその他受賞歴(候補含む)

造花の蜜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

NumiMele_horo連城三紀彦『造花の蜜(上・下)』角川春樹事務所1月27日、木曜の昼下がり。スーパーの閑散とした駐車場、店のドアから一番遠い場所に停められた地味な国産車。幼稚園の前にも停まっていて、スーパーの20メートル手前で香奈子たちを追い抜い… https://t.co/Ur0Our5NVp
banana10710#名刺代わりの小説10選真梨幸子/殺人鬼フジコの衝動、殊能将之/ハサミ男、恩田陸/ドミノ、蜜蜂と遠雷、辻村美月/盲目的な恋と友情、逢坂剛/カディスの赤い星、宮部みゆき/ソロモンの偽証、連城三紀彦/造花の蜜、佐藤正午/身の上話、水生大海/少女たちの羅針盤
chokomegusuri #最強のミステリー小説10選 ②続き↓有栖川有栖「双頭の悪魔」山口雅也「生ける屍の死」麻耶雄嵩「夏と冬の奏鳴曲」連城三紀彦「造花の蜜」天藤真「大誘拐」大体いつも同じのを選んでしまう…。
mysterybot2圭太の背後に、沈む間際の陽が光の洪水となって押し寄せている。並木の枯れ枝が、長く影をのばしている……突然風が吹きぬけ、光がくだけ、ごつごつした枝の影は魔物の手のようにうごめき、今にも圭太の体をつかみとろうとしている。あの男の手だ。(『造花の蜜』/連城三紀彦)
YutakaHishima#最強のミステリー小説10選造花の蜜/連城三紀彦金塊船消ゆ/多島斗志之煙の殺意/泡坂妻夫狐罠/北森鴻方壺園/陳舜臣すべてがFになる/森博嗣ハサミ男/殊能将之聖女の毒杯/井上真偽アリス殺し/小林泰三虚構推理/城平京
Noburin614造花の蜜(上下)/連城三紀彦 読了。ドラマ恋文以来のファン。本作はある不可思議な誘拐事件の裏で予想もしない事件の同時進行が明かされ愕然としてしまう。ここまでで既にお腹いっぱいのところ、なんともう一度事件が起きて、そして綺麗に騙され… https://t.co/r5nNYRh8a0
Andrew_LCR『造花の蜜』すごいって聞いて、ホントにすごかった。他の作品もスゴいとは聞いている連城三紀彦
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)