トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 1980年−第83回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

1980年−第83回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、大衆性を押さえた長編小説作品あるいは短編集に与えられる文学賞である。通称は直木賞。

第83回—1980年

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.7.26 作家の読書道 第231回:佐藤究さん

    今年『テスカトリポカ』が山本周五郎賞と直木賞を受賞、注目を集める佐藤究さん。幼い頃はプロレスラーになりたかった福岡の少年が、なぜ本を読み始め、なぜ小説を書き始め、なぜ群像新人文学賞受賞後に江戸川乱歩賞で再デビューしたのか。そしてなぜ資本主義について考え続けているのか。直木賞発表前の6月、リモートでおうかがいしました。

  • 2021.7.14 第165回芥川賞は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』、直木賞は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定!

    第165回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は7月14日(水)、都内で開催され、「芥川龍之介賞」は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』に、「直木三十五賞」は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定した。

  • 2021.6.25 作家の読書道 第230回:一穂ミチさん

    短篇集『スモールワールズ』が大評判となり、直木賞にもノミネートされている一穂ミチさん。文体も形式も人物造形も自在に操って読者の心を揺さぶる一穂さん、同人誌での二次創作からBL小説でプロデビュー、そこから一般文芸へと活動の場を拡張中。漫画も小説もノンフィクションも幅広いジャンルを読むなかで惹かれた作品とは? さらにはアニメや動画のお話も。リモートでたっぷりおうかがいしました。

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

naoki_syou楠正成亡き後、南朝の中心となり戦う兄・正行とは性格を異にする正儀は変節漢で謎に包まれた人物。その正儀を中心に動乱にうずまく南北朝を豊かな構想のもとに描いた歴史大作!直木賞受賞作『吉野朝太平記』鷲尾雨工
centre999面白かった〜。「直木賞の長い歴史の中に燦然と輝く黒い太陽〜宮部みゆきさん」はネタバレなんじゃ?? https://t.co/PC9KS5BCzu
t_kan730終演から無事2週間経ちました。ありがとうございました。配信はまだご視聴いただけます。よろしければ!https://t.co/XVJyF1a2I4直木賞と本屋大賞をW授賞した一発屋の物書きをやってます。 https://t.co/BhrUUAicNC
chi00chikoちなみに、誤変換の字が気に入って、そのままにしようと思ったんですが、やめました。誤変換は、以前の直木賞かな?受賞作のように意味不明な漢字になるのがいいです!
34f6n6m文学賞の1つに直木賞があります。菊池寛が直木三十五という人から名前をとって作った賞です。菊池寛といえば「形」という文章を教科書で見た人もいるのではないでしょうか。自分の防具を主人の息子に貸してしまって戦場でやられた武士の話です。
nekoyanagitei狙撃兵は自分の物語を持つ。誰もが…。『同志少女よ、敵を撃て』大傑作!オススメ!ガールズ&パンツァーのような少女像には戸惑ったが、だからこそ表現できた凄みが、最終章にはあった…!本屋大賞は間違いない。直木賞もいけ… https://t.co/1nonMrtfpW
ootamayumi【いよいよ明日開催】11/22(月)19:00〜20:30NHK文化センター青山教室直木賞受賞作『テスカトリポカ』はこうして生まれた著者・佐藤究が語るここだけでしか聞けない創作秘話、白熱90分!リアル開催【限定50名】残… https://t.co/1ZPVnTFYrm
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)