トップページ > 公募新人賞一覧 > 小学館文庫小説賞 > 2004年−第5回 小学館文庫小説賞

小学館文庫小説賞

2004年−第5回 小学館文庫小説賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

小学館文庫小説賞(しょうがくかんぶんこしょうせつしょう)は、小学館が2002年から2019年にかけて主催した公募の新人文学賞。長編小説を募集する。対象は「ストーリー性豊かなエンタテイメント小説」とされており、ジャンルは問わない。受賞作は原則として小学館より四六判で刊行されている。
日本語で書かれた未発表の長編小説を募集する。プロ・アマは問わない。枚数は、40字×40行のA4サイズの用紙で75枚(12万字)から200枚(32万字)まで。選考は、小学館「文庫・文芸」編集部が行う。受賞者には記念品と副賞100万円が与えられる。

第5回—2004年

小学館文庫小説賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

小学館文庫小説賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小学館文庫小説賞関連つぶやき

kemohureちなみに、こういったジュニア小説の作家になるには基本的にジュニア小説の新人賞に応募して受賞することでなれます。角川つばさ文庫小説賞小学館ジュニア文庫小説賞集英社みらい文庫小説賞青い鳥文庫小説賞飯田一史さんも分析されているように、なろう系よりも将来性はあると思う
bgm_bechords♫Mr.Children『未完』に合う本はこちら
HQ2yfm1ctwcD4RD#みちのく童話会メンバーの新刊、6月末から7月にかけて、一挙3冊出ます✨吉田桃子「アンナは犬のおばあちゃん」おおぎやなぎちか「みちのく山のゆなな」佐々木ひとみ「となりのAI」吉田桃子さん、日本児童文学者協会新人賞と小… https://t.co/W3vAKXB5Ai
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)