トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 楊逸

楊逸

楊逸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

楊 逸(ヤン イー、本名:劉 莜(りゅう・ちょう、「ちょう」は草冠に「攸」)、1964年6月18日 - )は、日本の小説家である。中国ハルビン市出身。2008年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。中国籍(当時)の作家として、また日本語以外の言語を母語とする作家として史上初めての受賞となった。2012年ごろ、日本国籍を取得。
父はハルビンの大学で漢文を教えていたが、1970年1月に文化大革命で蘭西県の農村に下放され、1973年9月にハルビンに戻る。中学生の頃、日本にいる親戚が送ってきた日本の都会の風景写真を見て日本に憧れる。ハルビンの大学に進学し、会計学を専攻するが、将来に不安を感じて卒業の半年前に中退。
1987年、留学生として来日。この時点では日本語が全くわからなかったため、パソコンの外枠の組み立て工場や、中華料理店での皿洗いなどの仕事をして授業料を稼ぎ日本語学校に通った。歌手の松田聖子が歌うカセットテープをゴミ捨て場から拾って、それを日本語の聞き取りの勉強に使ったりもした。お茶の水女子大学文教育学部地理学専攻卒業後、繊維関係の会社や在日中国人向けの新聞社勤務を経て2000年に中国語教師となる。この間、1991年に日本人と結婚して2児をもうけるが、2001年に離婚。
2005年頃から反日デモの影響で仕事が減ったため、小説を書き始める。2007年、「ワンちゃん」で第105回文學界新人賞を受賞し小説家としてデビュー。2008年、「ワンちゃん」で第138回芥川賞候補。同年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。2009年より関東学院大学客員教授、2012年より日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師、後に教授。
2019年頃から「Hanada」に寄稿し、中国共産党批判の言論活動を行うようになっている。
なお、主として無国籍の研究を行っている早稲田大学国際教養学部准教授・陳天璽とは従妹(陳天璽は、楊逸の母の兄の娘)になる。

受賞歴

楊逸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

楊逸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ohkumaneco"楊逸さんは中国生まれの中国育ちで、日本には二十歳過ぎにやってきて、それから日本語を勉強して覚え、日本語で小説を書いた。こういう経歴の中国人が芥川賞を受賞したのは、史上初めてです。"『世界は文学でできている』沼野充義
a_ranking_news(9/20) 紀伊國屋書店 電子書籍 社会・政治・法律ランキング5位:楊逸【著者】『わが敵「習近平」 中国共産党の「大罪」を許さない』https://t.co/dO2VHQiAxc
oharahenriアメブロを投稿しました。『『時が滲む朝』』#アメブロ #楊逸 #芥川賞 #文春文庫 #読書記録 https://t.co/AcDaeZODyK
hit4boy楊逸『時が滲む朝』天安門の悲劇を頂点とし民主化に揺れた中国。貧しい農村地帯からエリートへの道を進むべく大学に進学した青年たちの熱狂、そしてその後が描かれています。大人になるということの現実が、寂しさを伴って心に響いてくる一冊です。https://t.co/fcPHIBU2x8
akutagawa_syou中国の小さな村に生まれた梁浩遠と謝志強。大志を抱いて大学に進学した2人を天安門事件が待ち受けるー。“我愛中国”を合言葉に中国の民主化を志す学生たちの苦悩と挫折の日々。北京五輪前夜までの等身大の中国人を描ききった作品。芥川賞受賞作『時が滲む朝』楊逸
chinatown_cult「華都飯店」の親族には芥川賞を中国人で初めて受賞した楊逸(ヤンイー)がいる。 ##横浜中華街
masahirosogabe「中国頼み」から脱却の時 楊逸・作家論点:新政権に望む-国難の時代 - 毎日新聞 https://t.co/7MLwVp07pL
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
楊逸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)