トップページ > 公募新人賞一覧 > メフィスト賞 > 1999年−第13回 メフィスト賞

メフィスト賞

1999年−第13回 メフィスト賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

メフィスト賞(メフィストしょう)は、株式会社講談社が発行する文芸雑誌『メフィスト』から生まれた公募文学新人賞である。

第13回—1999年

メフィスト賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

メフィスト賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

メフィスト賞関連つぶやき

myzkhkr個性豊かなメフィスト賞を解説します【面白ければ何でもあり】 https://t.co/6yQWFB4Z82 @YouTubeよりありがたい
ooma_sho芥川賞や直木賞やノーベル文学賞よりもメフィスト賞が欲しい人生でした。まぁどれも獲れていないのですけどね。とあるミステリ賞だけ。肩書で見てほしくないので覆面作家ですの。
umiusa7#メフィスト賞全64作ビンゴメフィスト賞作品好きといいつつ、全然読んでなかった。コズミックは今だに謎ですが、JDCシリーズも読んでいました。最近初文庫化された「火蛾」は私好みでした!隠れた名作「ウェディング・ドレス」は伏線回収… https://t.co/YDwOStdBkv
to_beach#クセが強いミステリー作品読んだ四大奇書とメフィスト賞受賞作家作品の羅列になりそうなので敢えてそれらを避けて、石持浅海の「彼女が追ってくる」。倒叙クセつよ頭脳戦シリーズだけど、本作は犯人とある人の(関係じゃなく)関係性が… https://t.co/VJ7Z4K7Rhi
hequanyang55928 #クセが強いミステリー作品 メフィスト賞受賞作ってなってるのはクセ強いのが多い気がする。清涼院流水や森博嗣に高田崇文なんかが好きちょっとラノベっぽいとこあるけど高里椎名の薬屋シリーズも好き
scl04メフィスト賞ビンゴ見てたら64作抱えて避暑地の洋館に行きたくなった
damoko_5メフィスト賞について語りてえなぁ…(ラノベ関係ない笑)>RT
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)