トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森雅裕

森雅裕

森雅裕さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森 雅裕(もり まさひろ、1953年4月18日 - )は、日本の推理作家・小説家。兵庫県神戸市出身。東京藝術大学美術学部卒業。
1983年に大学を卒業。アルバイトを続けながら1985年、『画狂人ラプソディ』が第5回横溝正史ミステリ大賞で佳作を、『モーツァルトは子守唄を歌わない』が第31回江戸川乱歩賞を受賞。乱歩賞受賞作をはじめ、『椿姫を見ませんか』『ベートーヴェンな憂鬱症』などのクラシックをテーマにした作品が有名だが、扱うジャンルは多岐に渡り、その全てがミステリという訳ではない。
作家の北村薫、松浦理英子も森のファンであることを公言しているが、出版本の殆ど全てが絶版となっている。
1996年に出版の『推理小説常習犯』では危険な発言を連発、業界の悪弊、癒着、非常識などを実名に近い形で生々しく指弾し、大きな波紋を広げた。特に作品に勝手に校正を入れたりする出版社の編集者には憎悪を隠そうとせず(『推理小説常習犯』では、高名な大物編集者の名を暗号で死ねとまで罵倒している)、仕事をする新規出版社とはことごとく衝突し、漏れなく喧嘩別れをしている。
また、いくつかの作品は商業ルートに乗せず自費出版されており、1995年に私家版の『いつまでも折にふれて』を刊行。この作品は後1999年にKKベストセラーズ版として『さらば6弦の天使』との抱き合わせで商業出版された。またその後も、2005年に『トスカのキス』、2007年12月に 『雙』を自主出版。いずれも既に完売しており、現在は入手不可である。

受賞歴

森雅裕関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.2.7 著者インタビュー -中山七里『さよならドビュッシー』

    ピアニストを目指す16歳の遥は祖父と従姉妹とともに火事に遭い、一人だけ生き残ったものの全身大火傷の大怪我を負う。それでも夢を諦めず、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む遥。だが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、ついに殺人事件まで発生する――。

  • 2012.6.5 講談社、「復☆電書」プロジェクトの集計を発表

    読者から復刊を望む書籍を募り、要望の多かった作品を電子書籍として刊行する同プロジェクトの投票結果をこのほど発表した。

森雅裕関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy森雅裕『ベートーヴェンな憂鬱症』大作曲家ベートーヴェンがハードボイルドに活躍するミステリ短編集。せつなさ満開の恋愛事情など、前作とは違った側面からベートーヴェンが描かれています。ウィーン会議あたりのヨーロッパ史に詳しければ楽しめる… https://t.co/3XUQYWQR8Y
mys_sus_bot【四択】森雅裕の小説『モーツァルトは子守唄を歌わない』で、弟子と共にモーツァルトの死の真相を探る探偵役を務めるのは?→ベートーベン
gota_i謎の隕石に魅入られる話。隕石といえば、隕鉄で日本刀を作る小説、森雅裕「流星刀の女たち」も面白い。 https://t.co/0MaTIULb7T
ryo_ishii05 #豊島園閉園 あ、今のうちにどっかで森雅裕「椿姫を見ませんか」を映画化かドラマ化せんだろうか。
divanyan1縦読み震えるわ森雅裕並みの悪さ
QMA_Mys_Bot1[四択]森雅裕の小説『モーツァルトは子守唄を歌わない』で、弟子と共にモーツァルトの死の真相を探る探偵役を務めるのは? → ベートーベン/バッハ/ブラームス/シューベルト
ksokan_sanseido4F古書館新着情報です。『紅衣の公子コルム』『ヴァルデマール年代記』『魔法十字軍』など、幻想・怪奇小説の入荷は古書羊頭書房から。ほかに、森雅裕作品や『スペンサー』シリーズなどのミステリー、欧米のポストモダン文学、棋書などをお持ちい… https://t.co/RNN96PDNjD
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森雅裕さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)