トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮内勝典

宮内勝典

宮内勝典さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮内 勝典(みやうち かつすけ、1944年10月4日- )は、日本の小説家。
ハルビン生まれ、鹿児島県指宿市出身。鹿児島県立甲南高等学校卒業。初期は佐原次郎名義を使用した。大阪芸術大学教授、2015年退職。|date=2017年4月1日 (土) 14:50 (UTC)

受賞歴

宮内勝典関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.7.27 作家の読書道 第116回:窪美澄さん

    初の単行本である『ふがいない僕は空を見た』が刊行当時から多くの人から絶賛され、今年は今年本屋大賞2位、さらには山本周五郎賞を受賞という快挙を達成した窪美澄さん。新人とは思えない熟成された文章、そして冷静だけれども温かみのある世界に対するまなざしは、どのように培われてきたのか。影響を与えられた本、小説を書くことを後押ししてくれた大切な本とは?

  • 2010.11.1 第34回すばる文学賞・受賞者インタビュー 「米田夕歌里」

    職場で物や人や出来事が消えたり入れ代わったりしているのに、自分以外は誰もそう認識しておらず、むしろ周囲に言動を不審がられてしまう——いきなりそんな事態に陥ったのが、『トロンプルイユの星』の主人公・藤田サトミだ。

宮内勝典関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kyoRokyoRo1234【LS?】『ぼくは始祖鳥になりたい』『焼身』作家 「宮内勝典」 みやうちかつすけ
champuru_@hiromio0 はじめまして。私はmixiの「宮内勝典コミュ」で管理人をしております石川と申します。https://t.co/AfdJs4XoILトップページのヘッダにふさわしい横長の画像がなかったのですが、この本なら横長だ… https://t.co/AOOij8BcFs
kurosuke_01#衝撃的だった本宮内勝典「焼身」9.11崩壊後、作者の宮内さんの脳裏に浮かんだ、信ずるに足るものとは、ベトナム戦争に反対して、サイゴンで焼身自殺した一人の僧侶だった。この僧侶X師とは、何者だったのか?彼が未来に託したものとは何だったのか?平和の価値観を揺さぶる渾身の作品。
asanotakao1975!! 「文藝」秋号で、宮内勝典の連載小説『二千億の果実』を読み、驚嘆した。ヒトという種の意識の歴史を描き尽くそうという宮内文学は、ついにボノボとゴリラが対話するシーンまで突き進んで行く。沈思黙考するオラウータンをめぐるエピソードも、忘れがたい。
product1954小手鞠るい『炎の来歴』(新潮社)の書評が、共同通信の配信で全国の地方紙に掲載され始めました。来週以降掲載される各紙に配慮し、書評の公開は一部に止めるべきかなと躊躇いつつも、宮内勝典の渾身作『焼身』に比肩する熱量の高さに圧倒された… https://t.co/RE6iryjAgU
yakin_bot3『週刊 読書人』2004年11月5日号で 宮内勝典 × 鎌田東二 が、オウム、酒鬼薔薇、悪をテーマとした対談を行ってます。家の近所のそれほど大きくない図書館にはありました。5-6分で読めると思う。よければ読んでみてください。
miduki_neko #犬備忘録 宮内勝典「善悪の彼岸へ」読み終えた。世代なのでピンポイントで麻原事件周辺に関して全く知らないまま生きて着たので色々勉強になった。「オウムがこんな終わり方をしたらこれからの若者が単なるニヒリズムに陥るんじゃないか」と作中… https://t.co/U6ScpXuUT4
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮内勝典さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)