トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 保坂和志

保坂和志

保坂和志さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

保坂 和志(ほさか かずし、1956年10月15日 - )は、日本の小説家。
山梨県に生まれ、3歳より鎌倉で育つ。
栄光学園高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒業。6年間の大学在学期間のうちの5年目から小説の習作を始め、6年目に同人誌『NEWWAVE』を発行、メンバーには大崎善生、松沢呉一、長崎俊一などがいたが、1号で廃刊となる。
大学卒業後の1981年、小説を書く時間のありそうな職場として西武百貨店のコミュニティ・カレッジに就職、哲学や現代思想のワークショップを企画する。
1986年ごろ、三田格らと編集プロダクションを立ち上げたが、すぐに倒産した[http://www.ele-king.net/writters/mita/ 三田 格 | ele-king]
随筆や他者の作品の解説などで度々書いているようにもともと早い段階から職業作家を目指していたといい、30歳を目前にして尻に火がつく思いで書いたという『ヒサの旋律の鳴り渡る』(著者のサイトでメール小説として販売)、『グノシエンヌ』(未発表)、『揺藍』(『明け方の猫』所収)などの執筆を経て、1990年、『プレーンソング』を『群像』に発表しデビュー。同年の第12回野間文芸新人賞候補に選出されるも落選。佐伯一麦『ショート・サーキット』(福武書店、1990年8月)が受賞。
『群像』1993年3月号に発表した、『プレーンソング』の続編である『草の上の朝食』にて第6回三島由紀夫賞候補に選出されるも落選。車谷長吉『鹽壺の匙』(新潮社、1992年10月)、福田和也『日本の家郷』(新潮社、1993年2月)が同賞受賞。『草の上の朝食』は同年8月に講談社より刊行され、第15回野間文芸新人賞を受賞した。奥泉光『ノヴァーリスの引用』(新潮社、1993年3月)が同時受賞している。同年、会社を退職。
1994年、7月に新潮社より刊行された『猫に時間の流れる』にて第8回三島由紀夫賞候補に選出されるも落選。山本昌代『緑色の濁ったお茶 あるいは幸福の散歩道』が同賞受賞。保坂の他には阿部和重『アメリカの夜』、山城むつみ『文学のプログラム』が候補作となっていた。
1995年上期、文芸誌『新潮』に発表した「この人の閾」で芥川龍之介賞受賞。友人である「ぼく」を視点として、平凡な女性の静かな日常を描き、選考委員の日野啓三より「明日世界が滅ぶとしたらこんな最後の一日を過ごしたい」と高く評価された。
1997年、『季節の記憶』で谷崎潤一郎賞、平林たい子文学賞を受賞。穏やかな生活を描くこれまでの作風に子供の視点を加えて、日常の中に時間や自然への問いかけを織り込み評価された。
2000年8月、自身のホームページを開設。同年11月には母校である早稲田大で講演を行った。また、この年には『群像』1999年10月号に発表した『生きる歓び』にて第26回川端康成文学賞候補に選出されてもいる。
2003年7月、2年半の歳月を費やした『カンバセイション・ピース』を刊行、前作までの作風を引き継ぎつつ古い家を舞台に死や記憶への思考を展開した。同年より『新潮』連載開始の長編論考『小説をめぐって』では、カフカをはじめ小説作品を実際に読みまた解きながら、小説の現状やその可能性を考察している(『小説の自由』『小説の誕生』『小説 世界の奏でる音楽』として書籍化)。
『群像』2009年11月号より7年ぶりの長編として連載した『未明の闘争』で、2013年に野間文芸賞を受賞。
2018年、「こことよそ」で第44回川端康成文学賞を受賞。

保坂和志新刊

  • 発売日
    2019年4月25日
  • 書名
    文学2019
  • 発売日
    2019年4月24日
  • 書名
    掌篇歳時記 春夏
  • 発売日
    2019年4月24日
  • 書名
    掌篇歳時記 春夏

受賞歴

保坂和志関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

保坂和志関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ak6k0j《今みたいなこんな時代》を楽しく生きられることより、生きにくいと感じられる方が、本当のところ幸せなのではないか。人生としてずっと充実しているんじゃないか。(保坂和志『途方に暮れて、人生論)
b6kbn_bu《今みたいなこんな時代》を楽しく生きられることより、生きにくいと感じられる方が、本当のところ幸せなのではないか。人生としてずっと充実しているんじゃないか。(保坂和志『途方に暮れて、人生論)
seidodousi4.19『小津安二郎 大全』刊行記念:保坂和志×松浦莞二×宮本明子 トークイベント「麦秋」の淡島千景、「秋日和」の岡田茉莉子だったりとヒロインの女友達役の女優さんが好きとか、子供時代の鎌倉の家は大家族だったから「お早う」の同居し… https://t.co/JTo8j0IJXz
mizuidoしかし文体は抑制的である、確かヴァージニア・ウルフは設計図を立ててから小説を書く人であったと思う、ぼくは小説に設計図は要らない、確実に保坂和志の影響を受けて、設計図無しで、ほとんどなにも決めずに一行目を書き出す、だからヴァージニア・ウルフの抑制的な感じは体に合わない、
ira_they僕がとても好きな飴屋法水は結局何者なのかよく分からない保坂和志は「私は『何をやっているのかわからない』という人のことも尊敬する」と言った上妻世海には「学者なんて概念は13世紀にできた概念に過ぎない」と言ったおれももっと、何をやってるのかよく分からない人になりたい
naga_nao@lmng112 共同脚本を担当されている長崎俊一とご友人だったそうです。保坂和志さんの初期の小説で、当時の自主映画を巡る作品があります。
jagalele保坂和志のインスタ、見るたび、わざわざ「インスタ映えしない猫」って書くことはないんじゃないかと思うんだよね。でもそれをわざわざ書くことに氏のスタンスが集約されているのかもしれない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
保坂和志さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)