トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐伯一麦

佐伯一麦

佐伯一麦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐伯 一麦(さえき かずみ、1959年7月21日 - )は日本の小説家。本名は佐伯 亨。私小説の書き手として知られる。現在は郷里の仙台市在住。
筆名の「一麦」は、敬愛する画家ゴッホが麦畑を好んで描いたことにちなむ。
1959年、宮城県仙台市に生まれる。宮城県仙台第一高等学校卒業後に上京し、週刊誌記者や電気工など様々な職業を経験する。1984年、『木を接ぐ』により作家デビューしてからしばらくの間は電気工と作家活動とを両立させる(その間、1980年代末からしばらくは茨城県古河市の配電盤工場に勤務したこともある)。1990年、電気工時代の経験をもとにした作品集『ショート・サーキット』をまとめる。1991年、『ア・ルース・ボーイ』で若くして父親になってしまう青年を描く。
その後、離婚して仙台に帰郷、草木染め作家の神田美穂と再婚する。1995年からの連載『遠き山に日は落ちて』で東北の町での妻との生活を描く。そのころから何度かノルウェーを訪れ、1997年には、妻の留学に付き添いノルウェーに1年間滞在する。2007年、この経験を元に『ノルゲ Norge』を書く。
電気工をしていた20代にアスベストの被害で肋膜炎にかかり、以後、喘息の持病を抱えながら執筆を行なっている。2007年にはアスベストの被害を追ったルポルタージュ『石の肺』を刊行した。
2010年からは大佛次郎賞(第37回から第45回まで)と野間文芸賞(第63回から)の選考委員を務めている。
2011年の東日本大震災は、作並温泉で被災。大年寺近くの高台にある集合住宅の自宅は、停電、断水し、部屋がめちゃめちゃになり、2日がかりで片付けた。そのとき見た変わり果てた海の風景に衝撃を受けたという。
2020年、仙台文学館第3代館長に就任。

受賞歴

佐伯一麦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐伯一麦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sendaibungakuせんだい文学塾2月講座は、仙台が誇る純文学の重鎮であり、仙台文学館館長も務める、佐伯一麦先生を講師にお迎えして、オンラインにて開講します。2月26日(土)16時より。お申し込みはこちらから。https://t.co/SpxRBV4bRc
tonkatu_kazuya現在にふさわしいのは、例えば佐伯一麦氏の『木の一族』のような乏しさへの直面であるかもしれない。(略)それは私小説の伝統への回帰ということではすますことの出来ない、現代の貧寒さと共に生きる事から必然的に生み出された姿勢の響きである『現代日本文学と「すでにそこにあるもの」』
consaba書評・岡崎武志「建築資材のアスベスト(石綿)による健康被害が明るみに出たのは2005年。怖いのは潜伏期間が長く、ときに肺がんも発症する。作家の佐伯一麦(かずみ)は若き日、電気工事の職にありアスベスト禍に今なお悩まされている。」… https://t.co/T7ZXaMJG5q
hit4boy佐伯一麦『芥川賞を取らなかった名作たち』本書は芥川賞にまつわるスキャンダラスな出来事よりも、受賞できなかった名作にスポットを当て、鑑賞することに重点を置いています。本書のあおり文から連想するよりも、至極真っ当な文学批評ですね。 https://t.co/GLrVTaYjD3
sendailit「月にまつわるエッセイ」入賞作品パネル展が当館と晩翠草堂で始まりました。「月」にまつわるエッセイ作品の募集は、全国から206編の作品が寄せられました。当館館長・佐伯一麦による選考で選ばれた最優秀賞と優秀賞の3作品をパネルで紹介… https://t.co/13ohb6lCNi
bikasebu(エフェ)シェイクスピア作品の翻訳でも知られる評論家・劇作家です 福田恆存 Aふくだつねあり/(エフェ)小説『ショート・サーキット』や『鉄塔家族』で知られる作家 佐伯一麦 Aさえきかずみ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐伯一麦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)