トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 水上勉

水上勉

水上勉さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

水上 勉|みずかみ つとむ|1919年3月8日 - 2004年9月8日は、日本の小説家、日本芸術院会員、文化功労者。福井県大飯郡本郷村(現:おおい町)生まれ。社会派推理小説『飢餓海峡』、少年時代の禅寺での修行体験を元にした『雁の寺』、伝記小説『一休』などで知られる。禅寺を出奔して様々な職業を経ながら宇野浩二に師事、社会派推理小説で好評を博して、次第に純文学的色彩を深め、自伝的小説や女性の宿命的な悲しさを描いた作品で多くの読者を獲得。その後は歴史小説や劇作にも取り組む一方、伝記物に秀作を残した。作品の映像化も多い。
=
福井県の棺桶造りや宮大工をしていた家に生まれ。(この時、寺に住み込んで画の練習をしている南画家の服部二柳を見ている)得度して水上集英に改名するが、あまりの厳しさに13歳の時に出奔。その後、連れ戻されて等持院に移り、僧名承弁に改名。等持院の蔵書の小説本を無断で貪り読み文学への関心を持った。また等持院には東亜キネマの撮影所があって、撮影も手伝いもさせられた。これらの経験がのちに『雁の寺』、『金閣炎上』の執筆に生かされた。
1933年旧制花園中学校(現・花園中学校・高等学校)3年に編入し、4年の時に『都新聞』に投稿するようになり、卒業後は寺を出て伯父の下駄屋で働き、むぎわら膏薬の西村才天堂の行商を経て、1937年(昭和12年)、立命館大学文学部国文学科に入学、同年に満州にある国際運輸社の社員となって奉天に渡るが、翌年結核を患い、帰国療養として若狭に戻る。文学書を読み漁り、水上努の名で『月刊文章』『作品倶楽部』に投稿、『月刊文章』で選外佳作となって初めて文章が活字になった。1940年に、父が駒込で勝林寺を蓬莱町から染井へ移築する作業や、動坂目赤不動(南谷寺)建築のために、東京で仕事をしていたのを頼って上京したが、父はすぐに京都に帰ったため、『作品倶楽部』選者の丸山義二を頼り日本農林新聞に入社。ここで農民文学懇話会の作家たちも間近に見る。また丸山の紹介で同人誌「東洋物語」に参加。そのメンバーの三島正六の紹介で『報知新聞』に入り、そこで和田芳恵の知遇を得て学芸社に移り、文芸書出版の仕事に就き、海音寺潮五郎や武者小路実篤も担当した。さらに印刷会社を経て三笠書房に勤める。この頃「東洋文学」は、情報局の命令で「作家精神」などと合同して「新文芸」となり、その編集にたずさわった。1943年に映画配給会社に移るが、東京都からの助成金を得て郷里に疎開、大飯郡青郷国民学校高野分校に助教として勤める。結核のために第二国民兵役だったが1944年には召集を受けて、京都伏見深草中部43部隊の輜重隊に所属。その後また青郷国民学校に戻り、終戦を迎えた。

受賞歴

水上勉関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.1.18 向田邦子さんの肉声テープ発見 死の半年前、小説観語る

    作家の向田邦子さん(1929~81)が自身の小説観を語っている様子を収録したカセットテープが、新潮社内でみつかった。飛行機事故で亡くなる半年前に開かれた読書会で、講師として招かれた向田さんは「文学賞(直木賞)を間違ってもらってしまった」と謙遜しながらも、自分の作品のスタイルを確立させることに意欲を見せている。

  • 2020.2.14 「小説現代」リニューアル復刊 毎号読み切りに

    月刊小説誌「小説現代」(講談社)がリニューアル復刊し、22日に刊行される。休刊した雑誌は事実上廃刊となるケースが多く、約1年半のブランクを経て復刊されるのは珍しい。長編小説の一挙掲載を軸に、短編小説、エッセー、対談、特集企画など、すべての企画を毎号読み切りとする。雑誌の電子化が進む中で「紙の小説誌を読んでもらうために何をすべきかを考えた結果、読者に興味を持った号から手にとってもらえる読み切りスタイルにした」(塩見篤史編集長)という。

  • 2018.5.16 作家の読書道 第194回:石井遊佳さん

    新潮新人賞を受賞したデビュー作『百年泥』が芥川賞を受賞、一躍時の人となった石井遊佳さん。幼い頃から本を読むのが好きだった彼女が愛読していた本とは? 10代の頃は小説を書けなかった理由とは? インドのチェンナイで日本語教師となる経緯など、これまでの来し方を含めてたっぷり語ってくださいました。

水上勉関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

alto_hiiragi@He_knows0214 執筆歴だけは長いんです。(笑)住んでいた県や市が主催していた文学賞は、全て最優秀賞をいただきました。隣県の文学賞で最終選考に残り、小川洋子さんとか水上勉さんが読んでくださいました。大賞しかなかったので落… https://t.co/QAtvo6OTxf
aissw749hQriD4m #tsuchiwokurau12 土井義晴さんの料理が目当てで映画『#土を喰らう十二ヵ月』を見た。丁寧に生きていた。昭和の時代は普通に見られた生活がそこにはあった。原作は水上勉。 https://t.co/ULGZzAKBKu
Donyoli_Dokusyo浅草橋に立ち寄った際に、ガード下で撮影しました。水上勉の本も、どんよりするのが多いですね。この本の設定もどんより指数高めです。▼木綿恋い記 (文春文庫) 水上 勉https://t.co/hskKLbwdSv
onomichieigakan『土を喰らう十二ヶ月』1月7日(土)より公開決定しました!沢田研二が主演を務め、作家・水上勉の料理エッセイ「土を喰う日々 わが精進十二カ月」を原案に描いた人間ドラマ。「ナビィの恋」の中江裕司が監督・脚本を手がけた。 https://t.co/VRcX9xGNTy
kinemaza『土を喰らう十二カ月』原作水上勉 主演沢田研二これ名作だわ‼️お米を大事にとあとはセリやキノコを山で積むあふれる自然と食事と掃除定年、老後 人は来月、来週、明日や明後日の事を考えているから疲れるし面… https://t.co/dhifDlj28N
kajikawa_w【新出品】『サヨナラだけが人生だ 映画監督川島雄三の生涯』今村昌平編 ノーベル書房 1976 改訂版水上勉/井沢淳/小林桂三郎/西河克己/大庭秀雄/吉村公三郎/井上和夫/渋谷実/殿山泰司/フランキー堺/白井佳夫/藤本義一/今村昌… https://t.co/joqUMVi19r
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    水上勉さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)