トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 上田三四二

上田三四二

上田三四二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

上田 三四二(うえだ みよじ、1923年(大正12年)7月21日 - 1989年(平成元年)1月8日)は、昭和期の歌人、小説家、文芸評論家。内科医。専門は結核。医学博士。
兵庫県加東郡市場村字樫山(現:小野市樫山町)出身。柏原中学、第三高等学校、1948年京都帝国大学医学部卒。結核を専門とする内科医として、国立京都療養所や国立療養所東京病院に勤務。
1949年(昭和24年)に北原白秋系の歌誌「新月」に参加し、その後アララギ派に移行。1956年(昭和31年)には歌会「青の会」結成に参加。1966年(昭和41年)に大腸癌、1983年(昭和58年)に膀胱癌を患う。二度の大病を経て、晩年は生命の内面を見つめ直した著述が多くなり、西行や良寛といった仏教の死生観を追求した歌人に傾倒した。『短歌一生』で述べた「短歌は日本語の底荷だと思っている」という文章が有名であり、「歌は本来憎しみの声でなく、やや口籠る言葉であるけれども、愛の声であり、怨念ではなく、浄念である」と唱えた。
1979年(昭和54年)から6年間、1987年(昭和62年)から2年間と8回にわたって、宮中歌会始選者を務めた。平成改元最初の日である1989年1月8日、大腸癌のため東京都東村山市の病院で死去。

受賞歴

上田三四二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.5.14 小野市詩歌文学賞決まる 6月9日授賞式

    兵庫県小野市は、地元出身の歌人上田三四二(1923~89年)を顕彰し、全国から推薦された短歌と俳句の中から最優秀作品をたたえる第10回小野市詩歌文学賞(神戸新聞社後援)を、短歌部門は川野里子さん(58)=千葉市=の歌集「硝子の島」、俳句部門は櫂未知子さん(57)=東京都=の句集「カムイ」に贈ると発表した。

  • 2016.4.4 小野市詩歌文学賞 短歌、俳句の受賞作決まる

    兵庫県の小野市は同市出身の歌人上田三四二(1923~89年)を顕彰し、全国から推薦された短歌と俳句作品の中から優秀作をたたえる「第8回小野市詩歌文学賞」(神戸新聞社後援)の受賞作を発表した。

  • 2013.4.6 小野市詩歌文学賞:明石・友岡さんらに 県内初、俳句部門で /兵庫

    小野市出身の歌人、上田三四二(みよじ)にちなんだ「第5回小野市詩歌文学賞」は、短歌部門で高野公彦さん(71)=千葉県市川市=の歌集「河骨川(かうほねがは)」と、伊藤一彦さん(69)=宮崎市=の歌集「待ち時間」がダブル受賞した。

上田三四二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kamisumutanka一日のこの安楽はやがて来む術苦耐へよと神の賜(た)びたる/上田三四二『照徑』 #短歌 #tanka
tankaotoko庭のうめ花二三輪のこれるはさきそめのころに似てうひうひし/上田三四二『照徑』 #tanka
ginyoacasiaちる花は数かぎりなしことごとく光をひきて谷にゆくかも  上田三四二#きょうの短歌 #shindanmakerhttps://t.co/6Ahfdr9IDU
nabeosann>RT 私は大学合格後わざわざ駿台に問い合わせて作者とタイトル教えてもらったことある(駿台の人仕事増やしてごめん)上田三四二の『祝婚』です
tankanobot瀧の水は空のくぼみにあらはれて空ひきおろしざまに落下す  上田三四二
bikasebu(エフェ)明治の作家・坪内逍遥が作品を書く際に用いた別号 春廼舎朧 Aはるのやおぼろ/(エフェ)大正・昭和期に活躍したアララギ派の歌人 上田三四二 Aうえだみよじ/(キュ)1934年の作品『ミヤコホテル』騒動を巻き起こした俳人です Aひのそうじょう(日野草城)
study_of_tankaやはらかき軀幹【くかん】をせむるいくすぢの紐ありてこの晴着のをとめ ,(上田三四二) ,『現代百人一首』より
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
上田三四二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)