トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 林京子

林京子

林京子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

林 京子(はやし きょうこ、1930年8月28日 - 2017年2月19日)は、日本の小説家、随筆家。長崎県生まれ。本姓宮崎。高女3年の時に爆心地近くで被爆するも奇跡的に生還。結婚・出産を経て小説を書き、「祭りの場」で群像新人文学賞・芥川賞受賞。以後、原爆症の不安を抱えながら死を意識し、生を見つめた作品を発表した。
1930年8月28日、長崎県長崎市出身。誕生の翌年、父(三井物産社員)の勤務地・上海に移住。1945年に帰国し、長崎県立長崎高等女学校(現長崎県立長崎東中学校・高等学校、長崎県立長崎西高等学校)3年に編入学。同年8月9日、市内大橋にある三菱兵器工場に学徒動員中、被爆した。爆心地に近かったが奇跡的に助かったと言われている。長崎医科大学附属厚生女学部専科(現長崎大学医学部)中退。1963年被爆者手帳を受ける。
被爆からおよそ30年を経て、その体験をモチーフに書きつづった短編『祭りの場』(『群像』1975.6)で第18回群像新人文学賞、および第73回芥川賞。実質文壇へ登場するきっかけとなった同作は芥川賞選考委員の井上靖らに激賞を受けるが、逆に安岡章太郎は「事実としての感動は重かったが、それが文学としての感動に繋がらなかった」と受賞に対して批判的であった。
受賞後に執筆した、十二の短編からなる連作『ギヤマン ビードロ』にて芸術選奨文部大臣新人賞受賞の内示を受けるが、「被爆者であるから国家の賞を受けられない」として辞退。その後も自身の被爆体験や家庭における問題、上海での少女時代などをもとにした作品を展開していく。
1983年『上海』で女流文学賞、1984年『三界の家』で川端康成文学賞、1990年『やすらかに今はねむり給え』で谷崎潤一郎賞、2000年『長い時間をかけた人間の経験』で野間文芸賞、2006年『その全集に至る文学的功績』を評価され、2005年度朝日賞を受賞。
原爆を特権化する姿勢があるとして批判もあり、中上健次は「原爆ファシスト」と呼んだことがある。

受賞歴

林京子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

林京子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Mimi94204600井伏鱒二の「黒い雨」、林京子の「空缶」はフィクション?それともノンフィクション?誰か教えてください
taiga_D_bot『長福丸殿は頼職の甥じゃ。そうじゃの吉宗殿。大切に育てて下され』(志保(真如院)=三林京子【八代将軍吉宗】)
2460Bs文庫も購入。講談社文芸文庫、林京子『無きが如き』甦る推理雑誌10「宝石」傑作選。宮野叢子「薔薇の処女」、飛鳥高「孤独」等収録。 https://t.co/oQTt9qBaxA
Awsqu0K@Lune_soleil_s 三林京子さんの、おばんざい屋さんも美味しそうでした〜❣️
NeverKnownWorld林京子の短編集「祭りの場」を読了。芥川賞受賞作。「曇り日の行進」は被爆した母親が息子の未来を思う心情と付きまとう不安を書いた作品ですが、一番心に来るものがありました。8月にもしバーチャル読書会を開催する機会があれば、この短編を課題… https://t.co/u0YVOoaKIC
Cinamon619甲賀お甲【三林京子さん】「半蔵にも大八にも女の気持ちはわからないわ。女は惚れた男の為なら、命を惜しまないもの。そうでしょ。」黒文字のキララ【志穂美悦子さん】 https://t.co/yrGmIfDV8x
MyDearOldFilms2005年NHK連続テレビ小説『ファイト 総集編』:出演 本仮屋ユイカ,緒形直人,酒井法子,渡辺徹,三林京子,藤村俊二。下請け工場が親会社の不正のあおりを受け倒産。工場主一家は家族離散という逆境の中で耐えた。主人公の女子高生 優は友人とトラブルが解決せず不登校になってしまう。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
林京子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)