トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 林京子

林京子

林京子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

林 京子(はやし きょうこ、1930年8月28日 - 2017年2月19日)は、日本の小説家、随筆家。長崎県生まれ。本姓宮崎。高女3年の時に爆心地近くで被爆するも奇跡的に生還。結婚・出産を経て小説を書き、「祭りの場」で群像新人文学賞・芥川賞受賞。以後、原爆症の不安を抱えながら死を意識し、生を見つめた作品を発表した。
1930年8月28日、長崎県長崎市出身。誕生の翌年、父(三井物産社員)の勤務地・上海に移住。1945年に帰国し、長崎県立長崎高等女学校(現長崎県立長崎東中学校・高等学校、長崎県立長崎西高等学校)3年に編入学。同年8月9日、市内大橋にある三菱兵器工場に学徒動員中、被爆した。爆心地に近かったが奇跡的に助かったと言われている。長崎医科大学附属厚生女学部専科(現長崎大学医学部)中退。1963年被爆者手帳を受ける。
被爆からおよそ30年を経て、その体験をモチーフに書きつづった短編『祭りの場』(『群像』1975.6)で第18回群像新人文学賞、および第73回芥川賞。実質文壇へ登場するきっかけとなった同作は芥川賞選考委員の井上靖らに激賞を受けるが、逆に安岡章太郎は「事実としての感動は重かったが、それが文学としての感動に繋がらなかった」と受賞に対して批判的であった。
受賞後に執筆した、十二の短編からなる連作『ギヤマン ビードロ』にて芸術選奨文部大臣新人賞受賞の内示を受けるが、「被爆者であるから国家の賞を受けられない」として辞退。その後も自身の被爆体験や家庭における問題、上海での少女時代などをもとにした作品を展開していく。
1983年『上海』で女流文学賞、1984年『三界の家』で川端康成文学賞、1990年『やすらかに今はねむり給え』で谷崎潤一郎賞、2000年『長い時間をかけた人間の経験』で野間文芸賞、2006年『その全集に至る文学的功績』を評価され、2005年度朝日賞を受賞。
原爆を特権化する姿勢があるとして批判もあり、中上健次は「原爆ファシスト」と呼んだことがある。

受賞歴

林京子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

林京子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ue_tel45年前の今日、NHKドラマ「鳴門秘帖」では、ドラマとは別に徳島の阿波おどりを実況中継、出演の田村正和、三林京子らが徳島に。番組のラスト、踊り大好きの三林京子が、我慢できずにライン参加したことを思い出す。
jinginakinekoけったりーな、と思いながら古文書も勉強したし横須賀市史も読んだし、あと林京子『祭りの場』を途中まで。りこぴっぴと昼寝もした。
taiga_D_bot『長福丸殿は頼職の甥じゃ。そうじゃの吉宗殿。大切に育てて下され』(志保(真如院)=三林京子【八代将軍吉宗】)
chiyochan1101インスタで三林京子さんが、西瓜
yagakusha林京子『祭りの場・ギヤマン ビードロ』軍需工場に動員されて被爆した著者の私小説的作品。ギヤマン ビードロは、箱の中にしまわれ、倉に置かれていたギヤマンの器にも被爆の痕跡を認める話なのだが、復興したと見えて至る所に被爆の痕跡がある長崎の町を静かに描いている。
noyaneura1セレクション戦争と文学1 ヒロシマ・ナガサキ(集英社文庫)祭りの場 / 林京子少女時代の長崎での被爆体験を基にした作品。『死の雨といわれた原爆炸裂後の黒い雨は、諫早にも降った。雨には強い放射能が含まれており、母が井戸端で… https://t.co/9zYhSyMeU8
dandytsubataro77回目の長崎原爆忌。今は亡き永井隆氏・林京子氏・谷口稜曄氏のメッセージからは様々な思いが自分にも伝わり、核兵器の悲惨さや残酷性が胸を締め付ける。感傷的な面ばかりでは本質を見誤るが、対米隷属の自民党政権では真の平和外交を達成できまい。まずは主権自立の決意や覚悟が何よりも不可欠だ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
林京子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)