トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 常盤新平

常盤新平

常盤新平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

常盤 新平(ときわ しんぺい、1931年〈昭和6年〉3月1日 - 2013年〈平成25年〉1月22日)は、日本の作家、翻訳家であり、アメリカ文化研究者である。別名に、大原寿人(おおはらとしひと)。
岩手県水沢市(現・奥州市)生まれ。作家、翻訳家のほか、マフィア研究家でもある。
作家、山口瞳を師とあおぎ、山口の著作からセレクトした本を刊行している。また、競馬好きとしても知られ、競馬についてのアンソロジーを編んでいる。さらに、将棋好きでもあり、将棋を愛する作家、ジャーナリスト、観戦記者たちの団体「将棋ペンクラブ」が与える賞、「将棋ペンクラブ大賞」の選考委員を1996年から2005年までつとめた。

受賞歴

常盤新平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.3.17 常盤新平さんの未刊行エッセー集

    2013年1月に死去した直木賞作家で翻訳家の常盤新平さんの未刊行エッセー集が、幻戯書房から相次いで出版されている。

  • 2013.2.3 【手帖】常盤新平さんのエッセー集が遺作に

    小説『遠いアメリカ』などを発表した直木賞作家で、米現代文学などの翻訳や洗練されたエッセーでも知られた常盤新平さんが先月、81歳で亡くなった。昨年12月に刊行され、遺作となったエッセー集『明日の友を数えれば』(幻戯(げんき)書房・2625円)では、70代以降、この10年の常盤さんの日々の思いや暮らしぶりをうかがえる。

  • 2013.1.22 直木賞作家の常盤新平さんが死去 米文学の名翻訳でも評判

    洗練された文体の小説やエッセー、米現代文学の翻訳などで知られた直木賞作家で翻訳家の常盤新平(ときわ・しんぺい)さんが22日午後7時12分、肺炎のため東京都町田市の病院で死去した。

常盤新平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

funapヤングには常盤新平さんも来てた。
world_wordbot臆病になるな、他人の目や陰口にとらわれず、自分のやりたい事に忠実になろう(常盤新平
kurotuki_2阿部牧郎- それぞれの終楽章常盤新平- 遠いアメリカ西木正明- 凍れる瞳 https://t.co/zbK1jHG0j1
infoyuusaku臆病になるな、他人の目や陰口にとらわれず、自分のやりたいことに忠実になろう。~常盤新平~
kanro300◎山の上ホテル物語 常盤新平 白水社 https://t.co/wBVFhYDd0A #ヤフオク
raisen_bot_qmaNo.285 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒白石一郎―海狼伝説 、常盤新平―遠いアメリカ 、笹倉明―遠い国からの殺人者
shinya5872池波正太郎『鬼平犯科帳 14」(文春文庫)読了。相変わらず面白し。常盤新平さんの解説も懐かしい。 https://t.co/dTsnAuAXwX
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
常盤新平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)