トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本格ミステリ大賞小説部門 > 2012年−第12回 本格ミステリ大賞小説部門

本格ミステリ大賞小説部門

2012年−第12回 本格ミステリ大賞小説部門 の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第12回—2012年

その他の回のデータ(全データ一括表示

本格ミステリ大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.4.27 作家の読書道 第205回:今村昌弘さん

    2017年に鮎川哲也賞受賞作『屍人荘の殺人』でデビューした今村昌弘さん。意表を突くクローズドサークルの設定が話題となり、年末の各ミステリランキングで1位になり、本格ミステリ大賞も受賞。第2作となる『魔眼の匣の殺人』も期待を裏切らない内容で、今後の活躍が楽しみな新鋭です。でも意外にも、昔からミステリ作家を目指していたわけではなかったのだとか。ではどんな本が好きだったのか、そして作家を目指したきっかけは?

  • 2017.7.15 暗号小説で本格ミステリ大賞 相生出身・竹本健治さん

    暗号ミステリーの大作「涙香(るいこう)迷宮」で第17回本格ミステリ大賞に輝いた兵庫県相生市出身の作家竹本健治さん(62)=佐賀県武雄市。

  • 2016.5.25 本格ミステリ大賞決まる 小説部門は鳥飼否宇さんの『死と砂時計』

    第16回本格ミステリ大賞(本格ミステリ作家クラブ主催)は、小説部門が鳥飼否宇さんの『死と砂時計』(東京創元社)、評論・研究部門は浅木原忍さんの『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド 増補改訂版』(Rhythm Five)に決まった。

本格ミステリ大賞小説部門 関連つぶやき

jamyokomizomaya麻耶雄嵩まや・ゆたか 1969年5月29日三重県生まれ。91年「翼ある闇」でデビュー。11年「隻眼の少女」で日本推理作家協会賞&本格ミステリ大賞をW受賞。15年「さよなら神様」で本格ミステリ大賞。17年「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」月9ドラマ化。「貴族探偵対怪盗マダム」刊行予定
mayayutakabot「隻眼の少女」(2010年9月)文春文庫 日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞を受賞した著者後期の最高傑作。水干姿の美少女ツンデレ探偵御陵みかげが横溝正史ばりの因習に満ちた連続殺人事件に挑む。これまでの著者のギミックが詰まった集大成。mikagemisasagi
ephe2011Netflixで「屍人荘の殺人」を見る。今村昌弘原作、本格ミステリ大賞受賞作、コミカル色がかなり強い。ゾンビあふれる中での殺人事件という発想自体がユニーク。浜辺美波が変な女子大生探偵役。美少女なんだが明らかに変人。ワトソン役に神木… https://t.co/raPyK0ryW7
Kie_Hojo『大鞠家殺人事件 』で日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をW受賞なさった芦辺先生の最新文庫『おじさんのトランク 幻燈小劇場』をご恵贈いただきました
monokaki_jp”ラノベが業界の「外側」から注目されるようになったのは、2003年に乙一の『GOTH』が本格ミステリ大賞を受賞し、冲方丁の『マルドゥック・スクランブル』が刊行され、2004年に日経BPからムック『ライトノベル完全読本』が刊行された… https://t.co/uH0AUEZnCA
honkakumystery編集者、書誌研究者の島崎博(傅金泉)氏が2022年6月19日に89歳で逝去されました。氏は探偵小説専門誌『幻影城』の編集長を務め旧作の再評価と新人の発掘に尽力されました。本格ミステリ作家クラブはその功績を讃え2008年に本格ミステ… https://t.co/2RrH0aYUDe
mys_sus_bot【線結び】次の2012年に「本格ミステリ大賞」の候補になった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさいキングを探せ→法月綸太郎虚構推理 鋼人七瀬→城平京開かせていただき光栄です→皆川博子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)