トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本格ミステリ大賞小説部門 > 2006年−第6回 本格ミステリ大賞小説部門

本格ミステリ大賞小説部門

2006年−第6回 本格ミステリ大賞小説部門 の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第6回—2006年

受賞

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

本格ミステリ大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

本格ミステリ大賞小説部門 関連つぶやき

jamyokomizomaya第15回本格ミステリ大賞に輝いた名作「さよなら神様」の文庫版が発売中!第1作「神様ゲーム」もよろしくね♥
logica_mystery志摩子:文学には芥川賞といった賞があるわね。推理小説にもそういうものはあって、日本には本格ミステリ大賞、江戸川乱歩賞、鮎川哲也賞なんかがあるわ。ああ、勿論、海外にも推理小説の賞はあるわよ。
mayayutakabot「さよなら神様」(2014年8月)文藝春秋 第15回本格ミステリ大賞を受賞した「神様ゲーム」の続編。今回はクラスに溶け込むモテ男に変貌した神様鈴木太郎が次々と事件の真相を言い当てていく。冒頭で犯人の名前が明かされますがそこで本を閉じないで下さいね笑
kemohure彩坂美月「夏の王国で目覚めない」(早川文庫)読了。第12回本格ミステリ大賞候補作で、最後まで読ませる筆力はあるけど、ミステリとしては微妙。解説にあるように変則型クローズドサークルなんだけど、警察に連絡が取れる状態なのに犠牲者が出て… https://t.co/H4FnqBnkfT
mys_sus_bot【線結び】次の2014年に「本格ミステリ大賞」の候補になった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい教場→長岡弘樹スノーホワイト→森川智喜ノックス・マシン→法月綸太郎
so__hei『虚構推理』コミックスで読み直さねば…。そして、小説新刊『虚構推理 岩永琴子の出現』は、講談社タイガより12月に発売予定です!長かった……本格ミステリ大賞を受賞した前作から、はや幾星霜。ようやく、小説の続編をお届けできます! https://t.co/fs7bROeZjJ
tanteisanbotさっき言ったこのミス大賞っていうのは、正式名称を「このミステリーがすごい!大賞」と言う、宝島社の新人賞だよ。本格推理小説というより、エンターテイメント性の高いミステリが集まる賞だな。過去の受賞作には海堂尊の「チーム・バチスタの栄光」などがあるよ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)